【前編】m-flo 差別とアイデンティティを語る

229
2020.1.15

感情を出すと怒られる

―――TAKUさんって、なんでインターナショナル・スクール(※4)に通うようになったんですか?

TAKU 親が、「これからはインターナショナルな時代だから、インターナショナル・スクールに行け」って。それで、断る理由がなかったんで入れられたっていうか(笑)。でも、その時に、嫌だったら「嫌だ」って言ってたろうし、なんか、日本の学校、性に合ってなかったし。いじめられっ子でしたね。僕、純粋に、うれしい時は「うれしい」、悲しい時は「悲しい」ってストレートに言う方で、今考えてみると日本の小学校の時も、それが抑えられてる部分があったんじゃないかなあ。思ったことが言えないし、周りを気にしなきゃいけなくなっちゃう環境ですよね。

LISA 感情を出すとなんか怒られちゃうんですよね。うれしい時はすごいうれしいし、まあ、私の場合は怒ってる時の方が多いんですけど(笑)。それは私のママの血筋もあって、ラテン系だと“YEAH”の時はすっごい“YEAH”なんだけど、日本だと、あんまり喜んでると今度は「調子に乗ってる」とか「ちょっとやりすぎなんじゃないの」って言われる。なんでそういうこと言うんだろう。確かに、自分の感情を人に押し付けるのがいけないのは分かるんだけど、でも、それがあるからいい歌も歌えるんだと思うし、表現力のある音楽も作れるわけだから。

TAKU 「合わせる」っていうことはいいことでもあるんですよ。みんなと合わせるってすごく美しいことだけど、自分の個性までコンプレス(圧縮)したりノーマライズ(平均化)されるのは、アーティストとして絶対にやっちゃいけないことだと思うし。自分が作りたい音があるんだったら、別に周りの人と違ってもいいと思うんですよ。メジャーにセル・アウト(自分を売り渡すこと)するのもいけないけど、アングラにセル・アウトするのも絶対にいけないと思う。


※4:TAKUはVERBALとインターナショナルスクール在学時に出会っている。