自民党の圧勝に脱力。同性愛者も「普通に」過ごせる未来のためにできること(僕のマリ)

2021.11.16

文=僕のマリ 編集=佐々木 笑


『きのう何食べた?』(テレビ東京)というドラマにハマっている。よしながふみさんが原作のマンガで、今年秋には劇場版も公開された。

ストーリーは、弁護士として働くシロさんこと史朗と、美容師の賢二がふたりで暮らし、お互いの価値観の違いや、ゲイカップルであることでぶつかる問題と向き合いながら、絆を深めていく様子を「食」を通じて紡ぐ物語だ。

倹約家のシロが「食費は毎月2万5千円」と決めてやりくりしているが、作る料理はどれもとてもおいしそうだ。いくつか真似したこともある。クールで堅実な性格のシロと、天真爛漫で情熱的な賢二は正反対の性格だが、そんなふたりがどのようにお互いを眼差し、愛情を育んでいくのかも見どころだ。パートナーとの向き合い方について考えるいいきっかけにもなった。人と人の出会い、そのあわいをあたたかい目線で捉えた名作だと思う。

【関連】「降りたら人生が終わる!」と叫ぶ痴漢加害者。では、被害者は?


ゲイカップルが、“社会的に認められない関係性”とされる現状

僕のマリ
※画像はイメージです

ゲイカップルゆえの悩みは多々ある。人前で堂々と手をつなげない、職場の人に「彼氏」がいると言えない(カミングアウトできない)、自分の両親に理解してもらえない……。同性カップルというだけで、賃貸物件を借りるのも難しい。共に暮らし、何年も一緒にいながら「結婚」という選択肢がないのも、切ない現実だ。

結婚できなくて何が困るかというと、たとえば、どちらかが倒れたとき、「家族ではない」という理由で面会や立ち会いを拒否されてしまうことがある。異性ではないというだけで、社会的に認められない関係と判断されるのだ。

わたしの友人も同性カップルで、彼の悩みを聞くことはある。29歳なのでまわりは結婚ラッシュで、親にも結婚はまだか聞かれているが、彼氏を紹介することができない。実家は田舎なので、同性愛に対する理解がないかもしれない。両親を悲しませたくないが、自分は男性しか愛せないのだ、と言っていた。同性で一緒にいると、奇異の目で見られることもある。そんな目線に耐えながらも、いつか「普通に」過ごせることを願っている、そう語った。

不信感から湧いた、政治への意欲


この記事の画像(全2枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

僕のマリ

(ぼくのまり)1992年生まれ、物書き。犬が好き。2018年、短編集『いかれた慕情』を発表。ネットプリントで印刷できるエッセイをたまに書いている。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太