「東京オリンピック2020選手入場曲、自分ならこれを選びたい」ゲーム好き放送作家・岐部昌幸が選ぶ名曲たち

2021.8.26


大神、スペチャン——私が選びたいゲームの名曲たち

僭越ながら……私がまず思い浮かべたのは、『大神』「太陽は昇る」
『ファミ通』で「ゲームファンが選ぶ“ゲーム音楽最高の1曲“」第1位に輝いた、まさに神曲です。

大神
『大神』

ゲームのクライマックス、ラスボス戦で流れるこの曲は、今だにそのシーンを思い返すだけで込み上げるものがあります。「泣きながらボスと戦った」という人も少なくありません。「太陽は昇る」というタイトルも、日本のオリンピック開会式にふさわしいと思いませんか? え? まだ『大神』をプレイしていない? 大至急、残りの夏休みでプレイしてください。損はさせません。

さらに、「太陽は昇る」と同じ作曲家(近藤嶺さん)が手がけた、『ファイアーエムブレム(FE)覚醒』「宿命~炎」という曲も思い浮かびました。
『FE覚醒』といえば、作品を象徴するBGM「I~為」だったり、海外からアスリートが集まるという意味で「遠征~炎」なんかもマッチしそうですが、私は断然「宿命~炎」推しです。

ちなみにどちらの曲も、私がかつて担当したNHKの音楽番組『シンフォニック・ゲーマーズ4』で生演奏されました。『シンフォニック・ゲーマーズ』は、ゲームの名曲をプロのオーケストラが演奏する人気のコンサート番組です。おととし放送された第4弾では、東京フィルハーモニー交響楽団が『大神』『FE覚醒』『イースII&III』『ポケモンHGSS』『サクラ大戦』など、泣く子も黙るビッグタイトルの名曲を奏で、放送時にはSNSのトレンド上位を独占するなど、大きな反響を呼びました。

バラエティ番組を中心に仕事をしている私にとって、初めて担当するオーケストラ番組は驚きの連続でした。
たとえば、渡された台本が今まで見たことも触ったこともない、昭和の学校で使われていた“わら半紙”のようなフニャッとした独特の紙質。「経費削減で安価な紙を使っているのかな?」と思ったらとんでもない! 「ページをめくる音が極力出ない特別仕様」だったのです。ほかにも、随所に見られる1音1音まで妥協を許さない、まさにプロフェッショナルな仕事ぶりに、ただただ脱帽するばかり。もし、『シンフォニック・ゲーマーズ5』の放送が決定したら、改めてその舞台裏を語りたいと思います。

長年担当している『ゲームセンターCX』でも過去に、有野課長が挑戦したレトロゲームの名曲を演奏するオーケストライベントを東京オペラシティで開催。そこでは“実験的な企画”も行いました。それは“有野課長のプレイに合わせてオーケストラが演奏する”というもの。つまり、有野課長がゲームオーバーになったら、ゲームオーバーの音を即興で奏でるわけです。しかも、選んだソフトはBGMが目まぐるしく変わる『ツインビー』。有野課長が苦手とするシューティングゲーム。その予測不能なプレイに翻弄されるプロのオーケストラ集団。企画が終わるころには指揮者さんが、まるで『リングフィットアドベンチャー』をプレイしたあとのような尋常ではない汗をかいていました。

さて、妄想入場曲に話を戻すと、もうひとつ思い浮かんだゲームが。
ドリームキャストで発売された『スペースチャンネル5(スペチャン)』です。

セガがリリースしたハイセンスなリズムゲームで、続編では、セガ好きで知られるマイケル・ジャクソン氏もガッツリ登場しています(しかもこのゲームのためにわざわざボイスを収録)。それまでのリズムゲームの多くは、「表示された○×□などのボタンをテンポよく押す」という仕組みでしたが、この『スペチャン』はそうしたボタン表示がなく、音楽に合わせてダンスをキメる“ガチのリズム感”が要求されます。リズムゲームの歴史をぎゅんぎゅん変えたエポックメイキングな作品です。

そんな『スペチャン』は、主人公の「うらら」を先頭に大人数が大手を振って行進する姿が印象的で、入場曲にぴったりだな、と。テーマ曲の「Mexican Flyer」はもちろん、「Spaceport」(最初のステージ曲)なんかで世界中のアスリートが行進する姿も見てみたいな~と夢見た次第です。

まだまだ紹介したい、入場曲にピッタリの楽曲はたくさんあります。そして、いろんなゲーム好きの妄想メドレーもぜひ聴いてみたい! ということで私、ゲーム有識者が候補曲を持ち寄って熱く語る「まだまだあるよ! オリンピック開会式にぴったりゲームミュージック座談会」なる企画書を作成しました。ご興味あるテレビ業界関係者のみなさん、ぜひとも連絡を! ちなみに、ピアノもできるゲーマーの清塚信也さんが「演奏は俺に任せて!」と、口約束してくれています(笑)。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

岐部昌幸

(きべ・まさゆき)1977年10月9日生まれ。群馬県太田市出身。放送作家としてバラエティ番組をはじめ、『ゲームセンターCX』『勇者ああああ』『よゐこのマイクラでサバイバル生活』などのゲーム番組や、ゲーム原作のアニメ脚本などを手がける。

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。