「Say So」、「春を告げる」、『ヤリチン☆ビッチ部』主題歌…バイラルヒットが世間を揺るがすようになった2020年に印象的だった5曲(柴那典)

2021.1.5


ドージャ・キャット「Say So」

Doja Cat - Say So (Official Video)

2020年の「TikTok発」を最も象徴するのがドージャ・キャットの「Say So」。2019年から生まれたバズがずっとつづいて、5月にニッキー・ミナージュを迎えたリミックスで全米1位。インドネシアのYouTuber、レイニッチによる日本語カバーも含めて、各地に飛び火していた。

【Rainych】 SAY SO - Doja Cat | Japanese Version (cover)

ダンスフロアに集まれなかった一年にこういうディスコ・チューンが流行するのも、何か示唆的なものを感じる。考えてみるとBTSの「Dynamite」とかデュア・リパの「Don’t Start Now」とか、2020年はほかにもディスコ・チューンのヒット曲は多かった気もする。

BTS (방탄소년단) ‘Dynamite’ Official MV
Dua Lipa - Don’t Start Now (Official Music Video)

サブ・アーバン「Cradles」

Sub Urban - Cradles [OFFICIAL MUSIC VIDEO]

LAを拠点に活動するシンガーソングライター、サブ・アーバンのデビュー曲「Cradles」も、2019年から2020年にかけてTikTokでバズっていたのをきっかけに知った曲。音数を絞ったダークポップな曲調も、ホラー仕立てのミュージックビデオの映像も、とてもいい。“ビリー・アイリッシュ以降”という感じがする。韓国出身のラッパー/シンガーREI AMIをフィーチャリングに迎えた「Freak (feat. REI AMI)」もすごくいい感じ。

Sub Urban - Freak (feat. REI AMI) [Official Music Video]

ただ、「Cradles」のMVの再生回数が2億8千万回を超えるビッグヒットになっているわりには日本のメディアにはまったくと言っていいほど情報が載ってなくて、そのへんもちょっと謎。

yama「春を告げる」など“歌い手×ボカロP”の新しい波

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

柴 那典

(しば・とものり)1976年神奈川県生まれ。音楽ジャーナリスト。ロッキング・オン社を経て独立、音楽やサブカルチャー分野を中心に幅広くインタビュー、記事執筆を手がける。主な執筆媒体は『AERA』『ナタリー』『CINRA』『MUSICA』『リアルサウンド』『ミュージック・マガジン』『婦人公論』など。『日..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太