『マンダロリアン』『コブラ会』『LOVE LIFE』…海外ドラマ歴40年の専門家が選ぶ<2020年海外ドラマベスト5+1>

2020.12.10

文=池田 敏 編集=森田真規


新型コロナウイルスが世界中の人々のライフスタイルを一変させてしまった2020年。インドア系エンタメに対する需要が高まるなか、Netflix、Amazon Prime Video、ディズニープラスなど、動画配信サービスの人気は世界的に高まり、Netflixのユーザー数はそろそろ2億人に届きそうだし、ディズニープラスはサービス開始からたった1年で7300万人を超えてしまった。

年末から年始にかけても、筆者が大好きな海外ドラマなど、世界の映像コンテンツを動画配信サービスで楽しみたい人は少なくないだろう。そこで2020年に世界的に大反響を呼んだ作品を中心に、日本の海外ドラマ好きも楽しめるであろう5本+1本をチョイスしてレコメンドしたい。ベスト5とはいえいずれも個性的なので、あえて順位はつけない。

<2020年海外ドラマベスト5+1>
・『マンダロリアン』
・『クイーンズ・ギャンビット』
・『コブラ会』
・『エミリー、パリへ行く』
・『LOVE LIFE』
特別賞:『愛の不時着』

ディズニープラスの躍進を支える『マンダロリアン』


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

海外ドラマ評論家_池田敏

Written by

池田 敏

(いけだ・さとし)海外ドラマ評論家・映画ライター。映画誌『月刊スクリーン』(近代映画社)などに寄稿し、WOWOWのアカデミー賞授賞式中継などテレビ番組の監修も。著書は、海外ドラマの初心者からマニアまで楽しめる『「今」こそ見るべき海外ドラマ』(星海社新書)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太