2020年最強の<お笑いネタ>ベスト4!“この時代でも笑える”芸人をラジオD越崎恭平が選出

2020.12.16

構成=山本大樹 編集=佐々木 笑



人一倍お笑いを観ているラジオD越崎恭平が、今年印象に残った芸人のネタとは?

毎年、私が担当しているTBSラジオの『マイナビ Laghter Night』に出場してもらう芸人さんを探すために頻繁に劇場へ足を運んでいたのですが、今年はコロナ禍の影響もあって配信や映像でネタを観る機会が圧倒的に増えました。

いつもと違って無観客でのライブ開催も多かったからこそ、画面から飛び出してくるような勢いがあるネタが強く印象に残ったような気がします。こういうご時世でも元気をもらえるようなネタ、バカバカしくて笑えるネタ、という視点で4組の芸人さんの珠玉のネタを選ばせていただきました。

バカバカしくて笑える2020年最強ネタ4選>
・トム・ブラウン『樹木希林』
・松下ひもの『日本昔ばなし』
・さんさんず『美容室』
・虹の黄昏『ハイパーMAXXXブリブリこの夏にふさわしいおっかねえホラーアクション 悶絶カラオケレッスン』
<おまけ>
・空気階段 第4回単独ライブ『anna』

合体ネタがさらにパワーアップ! トム・ブラウン『樹木希林』


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

越崎恭平

(こしざき・きょうへい)ディレクター。1987年生まれ。北海道出身。『爆笑問題カーボーイ』『マイナビ Laughter Night』『空気階段の踊り場』(いずれもTBSラジオ)『宮下草薙の15分』(文化放送)などのラジオ番組を担当。2019年、制作会社を退社し、フリーランスに。YouTubeラジオ局..