複雑過ぎるニューヨーク地下鉄路線図が「いいとこどり」のリニューアル

2020.11.26
井上マサキ

文=井上マサキ 編集=アライユキコ 


ニューヨーク地下鉄路線図がやっと! 世界の路線図マニアたちが安堵した「問題児」の路線図リニューアル事件を、路線図エバンジェリスト井上マサキがご報告。


全部盛りのニューヨーク地下鉄路線図

僕と一部の路線図マニアの間で「問題児」と呼んでいる路線図がある。ニューヨーク地下鉄だ。

現在のニューヨーク地下鉄の路線図。地図のうえに路線が描き込まれている。右上の黄色い囲みは夜間運転の休止を伝えるもの
現在のニューヨーク地下鉄の路線図。地図の上に路線が描き込まれている。右上の黄色い囲みは夜間運転の休止を伝えるもの

路線数27、駅数472。世界最大規模の地下鉄網を描いた路線図は、とにかく複雑。実際のPDFをご覧いただくとわかるが、ただでさえ路線や駅が多いのに、ストリートや近隣施設、公園、トンネル、橋の名前まで書いてある。ラーメンで言ったらトッピング全部盛りである。

マンハッタン島とブルックリンの接続部分を拡大。情報マシマシ
マンハッタン島とブルックリンの接続部分を拡大。情報マシマシ

東京をはじめ、ロンドンやパリ、北京など、他の主要都市の地下鉄路線図は、わかりやすさのために情報量を絞ってきた。路線をダイヤグラム型(縦・横・斜め45度の直線)で表現するなど、可能な限りシンプルな形で路線を描いている。

それなのに、ニューヨーク地下鉄の路線図は真逆の方向に向かい、全部盛りマシマシの状態で約40年もの間使われてきた。反抗期にしては長過ぎる、そろそろ同級生たちに迎合したらどうか、あなたももう大人なんだからと、ずっとこの問題児に気を揉んでいた。

そんな親心を知ってか知らずか(というか絶対知らないけど)、先月20日にMTA(ニューヨーク州都市交通局)が新しい路線図を公開した。その名も「MTA Live Subway Map」

この路線図、ぱっと見はシンプル、しかし情報量はマシマシという、矛盾を両立させた内容に仕上がっている。いったいどういうことなのか。ちょっと触ってみてから、この記事に戻ってきてもらえたらうれしい。

MTA Live Subway Mapを開いたところ。これだけ見るとただのシンプルな路線図だが……
MTA Live Subway Mapを開いたところ。これだけ見るとただのシンプルな路線図だが……

幾何学か、地理学か

そもそも、ニューヨーク地下鉄の路線図はずっと「問題児」だったわけではない。

かつてニューヨークには3つの鉄道事業者が地下鉄を建設し、それぞれ路線図を作っていた。お互い競合関係にあるから、自分の路線図に商売敵を載せようとしない。でも利用者からすると困っちゃう。

そこで、民間の製図会社が統合版の路線図を作り、そのライセンスを販売した。ライセンスを購入した企業は、自社名入りの路線図を作って配布する。路線図は広告として機能していたのだった(これはニューヨークに限った話ではなくパリなどもそう)。

ようやくすべての路線が記載された公式路線図ができたのは、1940年にニューヨーク市交通委員会によって3社が統合されてから。その後、路線の追加などに伴って細かいアップデートを繰り返し、1972年にあるデザインが完成する。

1972年にマッシボ・ビネッリによってデザインされたニューヨーク地下鉄路線図(from @MTA)
1972年にマッシモ・ヴィネッリによってデザインされたニューヨーク地下鉄路線図(from @MTA)

イタリア人デザイナー、マッシモ・ヴィネッリにデザインされたニューヨーク地下鉄路線図は、他の都市と同じようなダイヤグラム型だった。実際に公式路線図として採用され、7年間使用されている。すっきりと美しい形に収まった……かのように見えるのだが、実はこれ、実際の地形とはだいぶかけ離れており、乗客から不満続出だった。

ニューヨーク地下鉄は、北のブロンクス地区、東のクイーンズ地区、南のブルックリン地区を起点とする路線が、中央にあるマンハッタン島を経由して走っている。まるで組み紐を編むように、南北に細長いマンハッタンに20以上の路線が密集してしまうわけで、これを縦・横・斜め45度で描いてしまうとどうしてもスペースが足りない。しょうがないからと駅を移動させちゃうと、どんどんリアルから離れてしまう。

美しいけどわかりにくい。きれいだけど読み取れない。ヴィネッリのデザインは批判を浴び、ついに1979年、現在の路線図の原形である、マイケル・ハーツのデザインが採用された。それが今の「全部盛り」のやつである。

問題児にも歴史があるのはわかったが、とはいえモヤモヤするものはある。実際に現地に行くならハーツのほうが詳しいけど、全体をざっと俯瞰するならヴィネッリのほうがクリアだ。幾何学vs地理学の、ちょうどいいところのものはないものか……。

お待たせしました。ここでやっと新作「MTA Live Subway Map」の出番である。

拡大すると情報が増える路線図


この記事の画像(全6枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

井上マサキ

Written by

井上マサキ

(いのうえ・まさき)1975年宮城県生まれ。ライター、路線図マニア。大学卒業後、システムエンジニアとして15年勤務し、2015年よりライターに転身。共著に『たのしい路線図』(グラフィック社)、『日本の路線図』(三才ブックス)、『桃太郎のきびだんごは経費で落ちるのか? 日本の昔話で身につく税の基本』(..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太