かが屋・加賀翔、僕のまわりのナルシストな人たち【QJWebカメラ部】


写真を撮ることにこだわりを持つアーティストやお笑い芸人による連載「QJWebカメラ部」。

月曜日は、加賀翔(かが屋)が担当。コント師として知られる一方で、芸人仲間などを撮影した写真の腕前にも定評があり、インスタグラムのフォロワーは10万人以上を誇る。そんな彼が、ついシャッターを切りたくなるのはどんな瞬間なのか。


ふたりの共通点

かが屋・加賀翔【QJWebカメラ部】
写真=加賀翔(かが屋)
かが屋・加賀翔【QJWebカメラ部】
写真=加賀翔(かが屋)
かが屋・加賀翔【QJWebカメラ部】
写真=加賀翔(かが屋)

第49回。今回は毎週火曜日にやっている配信のふたりと。左がマタンゴの高橋鉄太郎で右がジュースマンズの藤井洋次郎さん。

同じマセキで何かやりたいと思い、僕がそれぞれに仲のよかった洋次郎さんと鉄太郎を誘って始めました。

洋次郎さんは僕の知っている人の中でも群を抜いてうるさく、鉄太郎はその逆でしゃべり方や雰囲気がとても落ち着いています。ふたりが話したらおもしろいのではと思って声をかけました。最初に3人で話したのは「ふたりの共通点はなんだろう」ということ。

全然違うのにふたりとも余裕がすごいのでそこに何か共通するものがあるのでは、と探っていったら、お互いにとても自分のことが大好き、ということが判明しました。

賀屋も基本的に自分好き気味なので僕はどこでもナルシストといます。

毎週火曜22時ごろとてもポジティブな配信をインスタグラムでしていますのでぜひ。

【連載】QJWebカメラ部
【連載】QJWebカメラ部は月曜から土曜日まで毎日更新中です。

加賀翔(かが屋)、中山莉子(私立恵比寿中学)、セントチヒロ・チッチ(BiSH)、長野凌大(原因は自分にある。)、林田洋平(ザ・マミィ)、森田美勇人が日替わりで担当し、それぞれが日常生活で見つけた「感情が動いた瞬間」を撮影する。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全52枚)


この記事が掲載されているカテゴリ



Written by

中川淳一郎

(なかがわ・じゅんいちろう)ネットニュース編集者。1973年東京都出身。1997年博報堂入社、CC局(現PR戦略局)配属。2001年退社。以後無職、ライター、雑誌編集者などを経て現在はウェブメディア中心の編集者に。ひたすらネット上の珍騒動や事件を毎日テキストファイルに記録する生活を長年つづけている。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太