バイきんぐ西村「実力がなかった」。壁ドン説教、キャラ迷走も、お笑い芸人をつづけられた理由

バイきんぐ西村「実力がなかった」。壁ドン説教、キャラ迷走も、お笑い芸人をつづけられた理由

文=安里和哲 撮影=時永大吾 編集=田島太陽

 


いまやテレビに欠かせない存在となった小峠英二。変人っぷりでバラエティ番組を沸かし、趣味のキャンプで仕事の幅を広げる西村瑞樹。『キングオブコント2012』優勝から約10年、紆余曲折を経て、確固たる地位を築いたバイきんぐが今も大切にしているのが、単独ライブだ。

四半世紀にわたりコントと向き合ってきたふたり。40代後半の今、どのようにコントと向き合っているのか尋ねると、思いがけない力技を明かしてくれた。

バイきんぐ
小峠英二(ことうげ・えいじ/1976年6月6日生まれ、福岡県出身)と西村瑞樹(にしむら・みずき/1977年4月23日生まれ、広島県出身)のコンビ。『キングオブコント2012』チャンピオン。小峠は『2021テレビ番組出演本数ランキング』で4位(440本)にランクイン。西村も趣味のキャンプでブレイク中。


インタビュー前編

『キングオブコント』優勝から10年のバイきんぐ。結婚、家族、中年男性としてのライフプラン

仕事がなくても嫉妬はないし、辞めようとも思わなかった

バイきんぐ西村「実力がなかった」。壁ドン説教、キャラ迷走も、お笑い芸人をつづけられた理由
バイきんぐ西村が芸人をつづける理由は「根底には好きがあるから」

──『キングオブコント2012』優勝後、多忙になって悩むこともありましたか。

西村 途中から小峠がピンで出始めて、僕がめちゃくちゃヒマになった時期は「俺はこのままフェードアウトしていくのかな」と思いました。一番ひどいときで月に2回くらいしか仕事がなかったですから(笑)。

あの時期はいろいろ迷走しましたね……小型船舶の免許を取りに行ったり、スピードラーニングを始めたり。時間ばっかりあって、何かをやらなきゃいけないという焦りが募って。そのとき気まぐれにキャンプを始めて。別に仕事にする気もなかったですけど、今につながっていてありがたいです。

小峠 当時の僕はもう西村には構っていられなかったです。バイきんぐがふたり共いなくなるっていうのが一番よくないなと思っていたので、それだけはなんとか避けようと、とにかく毎日が必死でした。

──当時の西村さんは、いわゆる「じゃないほう芸人」みたいな位置づけだったと思うんですけど、それでも腐らなかったんですか?

西村 まったくなかったです。やっぱり小峠はおもしろいなと思ってコンビを組んでいるわけですから。小峠が出ている番組はだいたい録画して観ていました。

小峠 ふっ(笑)。

西村 それが今は録画が追いつかないくらい出ているでしょ。自分に実力がないだけってわかっているから、嫉妬はないんです。それはもう単純明快な世界ですから。

──「自分に実力がない」と認めながらも、芸人をつづけるのは苦しくなかったですか?

西村 それで辞めようとかはなかったです。根底には好きがあるから。

──小峠さんから見ても、西村さんの実力というのは……。

小峠 なかったですね(笑)。

バイきんぐ西村「実力がなかった」。壁ドン説教、キャラ迷走も、お笑い芸人をつづけられた理由
即答する小峠

西村 答えるの早いな!(笑)

小峠 やっぱり、西村はスタジオに向いていないんです。それは自分でもわかっていると思いますけど。

西村 うん。

小峠 でもそれは向き不向きだから。西村はスタジオが苦手だけど、ロケとかキャンプに付随するトークはおもしろい。その当時は向いていない仕事が多かっただけだと思います。

西村 賞レース優勝後って番組を一周するじゃないですか。昔から憧れていた芸人さんたちと絡むっていうのは……ねぇ。しゃべるだけでも緊張して普段どおりにはできない。でも小峠は最初からバンバン強めにツッコんでいって「コイツすげぇな」と思っていました。僕は全然できなかった。


セリフを忘れてもねじ伏せる、芸歴26年の技

バイきんぐ西村「実力がなかった」。壁ドン説教、キャラ迷走も、お笑い芸人をつづけられた理由
お互いを認め合う、絶妙な距離感のふたり

──毎年恒例の単独ライブを今年も控えています(8月26日〜27日)。長年コントをやる中で、変化はありますか。

小峠 変化……お前(西村)がなんか言ってたよな、セリフがどうのこうのって。

西村 ああ、そうですね。昔は僕のほうがセリフを覚えるのが早くて、小峠は遅かったんです。でも、僕は忘れるのも早くて、小峠は一回覚えると忘れないっていう違いがあって。それが最近の僕は、覚えるのが遅くなって、忘れるのはもっと早くなってる(笑)。

小峠 なんもいいことねぇな!(笑)

西村 加齢ですね(笑)。

──それに合わせてセリフを減らしたり、対策はされますか?

小峠 いや、それはないです。でも去年でいうと、僕のほうがネタを飛ばしちゃって。『メイド喫茶』ってネタの後半だったんですけど、パンパンパンとテンポよくやりとりをしなくちゃいけないのに、最後のセリフがまったく出なくなったんです。でも、ここで止めるわけにはいかないから、「ヴァァァアアァーーー!!!!」って勢いだけで叫んで(笑)。

西村 あったね(笑)。気持ちよくリズムでいくやつだから、僕がそこのセリフを補ったり、促してあげたりすることもできなかった。

小峠 あれはさすがに今までにないトラブルでした。力技にもほどがある。しかもえらいことに、ちょっとウケるんです。何を言っているのかわからなくても、もう音だけでねじ伏せてしまった。あれは変化というか……ヒドかったですね。ひでぇよな、これで持っていくんだもんな(笑)。これは25年くらいやらないとできないです。

西村 そのへんの若手じゃ、あの選択肢は取れないです。

──バイきんぐのコントはアドリブはほとんど行わず、ほぼ台本どおりですよね。これからは、そうもいかないかもしれない。

小峠 そうですよね。年ですもんね。仕方がないです、それは。

西村 でも小峠がでたらめアドリブをやってくれたおかげで、僕もセリフが出ないときはアレをやればいいんだって安心はしました。

小峠 無意味な言葉で怒鳴り合うふたりのおっさん。それはいよいよヤバイよ(笑)。

小峠による、暗い通路で恐怖の“壁ドン”説教

バイきんぐ西村「実力がなかった」。壁ドン説教、キャラ迷走も、お笑い芸人をつづけられた理由
かつては壁ドンで説教した小峠。「怖かったです」(西村)

──コントの稽古はどんな感じでやるんですか。

小峠 はい。ここ(事務所の会議室)で、ふたりでやってます。

西村 まずは台本を読み合わせながらセリフを覚えて、入ってきたら動きながら。

──ふたりきりって気まずくないですか。

西村 いや。

小峠 気まずくはならないです(笑)。

──作家さんを入れる芸人さんも多いと思うんですけど。

小峠 僕がネタを作っているときは作家さんと話しますけど、合わせるときはいつもふたりっきりです。

──いつごろから準備されるんですか。

小峠 本番の1カ月前からです。僕がそれまでにネタを仕上げるって決めているので、そこからです。

──小峠さんの厳しい指導はありますか。

西村 今はさすがにないです。昔はめちゃくちゃありました。『キングオブコント』って1年かけて、細かい調整を重ねながらひとつのネタをブラッシュアップしていきますから、あのころはピリピリしてましたね、怖かったですよ。

──どんなふうに怒るんですか。

西村 ネタライブで僕の間が悪かったり何かをミスったりすると、舞台をハケてすぐの暗い通路で壁ドンですよ(笑)。

小峠 (笑)。

西村 狭い通路の暗闇の中、小峠に壁ドンされながら「お前、何やってんだよ!」って詰められる。ネタが終わってすぐですよ! それくらいピリピリしていました。壁ドンで説教って、まぁ普通はないですよ。

小峠 はっはっは(笑)。

西村 あのときは、ネタに僕たちの人生がかかっていましたから。売れるためにやっていたあのころとは、そりゃ違いますよね。

「ネタ作りはずっとしんどい」「僕は楽しくて仕方ないです」

バイきんぐ西村「実力がなかった」。壁ドン説教、キャラ迷走も、お笑い芸人をつづけられた理由
ネタを作らない西村にとって、ライブは楽しさしかないとのこと

──賞レースの苦しい時代を超えて、毎年自分たちの単独ライブに集中できるのは楽しいですか。それともまた別の苦しみがある?

小峠 苦しいほうがでかいです。ネタ作りは今でもしんどいですから。

──それでもつづけるのはなぜでしょう。

小峠 うーん……芸人の仕事ってやんなくちゃいけないことがいくつかあると思うんですけど、そのうちのひとつが単独ライブだろうなっていうのはあるんで。義務感ですよね。

西村 僕はずっと単独ライブをつづけたいです。小峠はネタを書いているので産みの苦しみがあると思うんですけど、僕はもう楽しくて仕方がない。今年もまたこの季節が来たか、早くやりたいなって。

小峠 (笑)。

西村 演じるのが好きなんです。バイきんぐのネタって小峠は常に小峠なんですよ。でも僕はいろんなヤツをやってるから、それが楽しいです。

──昨年はVR配信の試みもされていました。今年も何か新しい仕かけはありますか。

小峠 ライブビューイングをやります。バイきんぐの単独としては初めて。でもコント作りで変化はないかな。

──長年やってきてネタのテイストは変化していますか。

小峠 変わらないです。新しいことをしようとは思わないですし、おもしろいネタができたらいいよなってだけで。今さらSF的な設定に手をつけようとは思わないでしょう。

西村 でも小峠、今でこそリアリティを重視したネタを書いていますけど、昔は亀甲縛りした地底人の役とかやってました。

小峠 あぁ、あれ地底人だったな(笑)。

西村 だから初期のバイきんぐから比べたら、今はめちゃくちゃ変わっているんです。

──地底人の再演も見たいです。

小峠 いやあ、絶対やらないです(笑)。

インタビュー動画も公開中

バイきんぐ単独ライブ『キャバレー』ライブビューイング

バイきんぐ単独ライブ『キャバレー』
バイきんぐ単独ライブ『キャバレー』

日時:2022年8月27日(土)17時開演予定
※開場時間は映画館によって異なります。
会場:札幌シネマフロンティア/MOVIX仙台/新宿バルト9/横浜ブルク13 /イオンシネマ幕張新都心/イオンシネマ浦和美園/ミッドランドスクエア シネマ/梅田ブルク7/T・ジョイ京都/OSシネマズ神戸ハーバーランド/広島バルト11/T・ジョイ博多
料金:3,000円(税込・全席指定)
チケット:イープラスで販売中

『キャバレー』オフィシャルグッズも販売中

バイきんぐ単独ライブ『キャバレー』オフィシャルグッズ
ファン必見、バイきんぐオフィシャルグッズついに登場。普段使いしやすいデザインに仕上げました!

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全12枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

安里和哲

Written by

安里和哲

(あさと・かずあき)ライター。1990年、沖縄県生まれ。ブログ『ひとつ恋でもしてみようか』(https://massarassa.hatenablog.com/)に日記や感想文を書く。趣味範囲は、映画、音楽、寄席演芸、お笑い、ラジオなど。執筆経験『クイック・ジャパン』『週刊SPA!』『Maybe!』..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太