『キングオブコント』優勝から10年のバイきんぐ。結婚、家族、中年男性としてのライフプラン

「キングオブコント」優勝から10年のバイきんぐ。結婚、家族、中年男性としてのライフプラン

文=安里和哲 撮影=時永大吾 編集=田島太陽

 


結成から四半世紀を超え、『キングオブコント2012』優勝から10周年となったバイきんぐ。芸人として円熟の境地にあるが、40代後半に入ってライフステージには大きな変化も起きている。ふたりに、プライベートやお互いの関係性、お笑いへの情熱について聞いた。

バイきんぐ
小峠英二(ことうげ・えいじ/1976年6月6日生まれ、福岡県出身)と西村瑞樹(にしむら・みずき/1977年4月23日生まれ、広島県出身)のコンビ。『キングオブコント2012』チャンピオン。小峠は『2021テレビ番組出演本数ランキング』で4位(440本)にランクイン。西村も趣味のキャンプでブレイク中。


キャンプイベントはお母さんのハートを掴むのが重要

「キングオブコント」優勝から10年のバイきんぐ。結婚、家族、中年男性としてのライフプラン
小峠英二(左)と西村瑞樹(右)

──昨年のQJWebのインタビューでは、「『キングオブコント2012』優勝から10年はテレビに出つづけたい」とおっしゃっていました。今年ついに10年を迎えます。

小峠 そうですね、本当によかったです。とりあえず10年間を目標にやってきたので。

──2018年ごろの西村さんは小峠さんとの収入差が3倍だと語っていましたが、かなり縮まったんじゃないですか。

西村 いやぁ、むしろ今は10倍くらいになっているんじゃないですか(笑)。

小峠 いやいやいや……(苦笑)。

西村 僕の仕事が少し増えただけでは追いつけないくらい、小峠の勢いが止まることがないから。僕以上に、小峠がどんどん上がっていますよ。

小峠 お前もキャンプ案件みたいなので稼いでんじゃないの。

西村 案件とか言うなよ(笑)。確かに、キャンプイベントではライブクッキングとかいろいろとしてますけど。

小峠 なんだよそれ。

西村 人前で大鍋を振って作った焼きそばを、子供たちに食べてもらってる。

小峠 楽しそうな仕事してんな(笑)。

──西村さんは昨年お子さんが生まれました。仕事でも子供との関わり方は変わりましたか。

西村 自分の子供ができて、イベントでのかけ合いみたいなこともちょっとうまくなったかもしれないです。気持ちがわかるというか、子供ってこういうもんだよなと。でも、それ以上にお母さんの気持ちがわかりますね。お母さんをいかに取り込むか、そのほうが重要なんです。ちょっとお笑いにはない手応えを感じています(笑)。

小峠 ふーん。

西村 たとえば、子供にあれこれ聞くんじゃなくて「この子のママは誰?」ってお母さんをフィーチャーする。そうするとすごく盛り上がるんです。

小峠 知らなかったですね。僕は仕事でも子供と関わる機会が少ないですし、子供との接し方がわからないです。

小峠が西村息子に会った日のこと

「キングオブコント」優勝から10年のバイきんぐ。結婚、家族、中年男性としてのライフプラン
小峠「優勝から10年間は、お金も時間も全部自分のためだけに使うって決めていた」

──ちなみに最近はソロキャンプに行けていますか。

西村 子供が家にいるときは一度も行ってないです。奥さんが息子を連れて実家に帰っているときに行ったことはありますけど。あと、6月には家族3人で本栖湖に行ってキャンプデビューしました。まだ子供が小さいので今回はさすがにコテージを借りたんです。冷房もあるしお風呂にも入れられるので。僕はコテージの前にテントを張ってキャンプする予定だったんですけど、いざ冷房が効いた部屋が目の前にあると、やっぱりそっちで寝ちゃいました(笑)。

──非日常でお子さんも楽しいでしょうね。

西村 まだ1歳だから遊べるわけじゃないですけど、湖の水をちょっと触らせたりとか、焚き火でお湯を沸かしてミルクを作ったり、離乳食を湯煎したり(笑)。一緒にいる時間は貴重なので、いろいろしてやりたくなります。

──多忙だから、一緒にいられる時間は短いですもんね。

西村 そうですね。でも、育児は嫁と対等っていう感じでいきたいです。僕が仕事をしているから育児は嫁に任すというのではなく、同じくらいにやりたい。

──小峠さんは西村さんのお子さんにお会いしましたか?

小峠 1回だけあります。

西村 去年の単独ライブの幕間映像収録のときに僕の車でロケをしたんですけど、小峠が車内にスマホを忘れて、僕の家まで取りに来たんです。小峠が「せっかくだから会わせろよ」って言うんで、抱っこしてもらいました。

小峠 あのとき、めちゃくちゃ俺に消毒させたよな!(笑)

西村 そりゃそうですよ!(笑) ただまあ、そういう時期でもありましたし。

小峠 いや、あれは病原菌そのものの扱い方だったよ。ひどかったよな、あの扱い(笑)。

──そんななか、おっかなびっくり抱っこして。

小峠 そうですね、やっぱりちょっと怖いもんです。

西村 そのロケが、僕が運転している間、小峠は酒飲み放題なんで酔っ払ってるんです。めちゃくちゃ酒臭い感じで子供を抱かれて、ちょっと不安でした(笑)。


こうなりたいとか、別に思ったことない

「キングオブコント」優勝から10年のバイきんぐ。結婚、家族、中年男性としてのライフプラン
西村「優勝から10年、経っちゃったね」

──西村さんにお子さんが生まれたりライフステージに変化があるなか、小峠さんはいかがですか?

小峠 僕はずっと言っているんですけど、36歳でKOC優勝してから10年間、お金も時間も全部自分のためだけに使うって決めていたんです。でもそれがいざ46歳になって……。

西村 10年経っちゃったね。

小峠 結婚に対する拒絶はさすがになくなりました。前は絶対にしたくなかったんです。自分がダメだった16年間を取り戻す期間と思っていたので。でも、今はそこまで頑なではなくなりました。かといって、積極的に結婚したいわけでもないんですけど。

──おふたり共そろそろ50代が見えてきましたが、先のことは考えますか。

小峠 考えないです。考えたことないですね。こうなりたいとか別に思ったことないですし。

西村 僕は子供の将来とかは考えるようになりましたけど、じゃあ僕自身がどうしていくかみたいなビジョンは別にないです。

──私(ライター)は32歳でまだ不安が多いので、その境地に早く行きたいと思ってしまいます。でも思い返せば、おふたりが32歳のころはまだ優勝してないですね。

小峠 そうですよ。

西村 優勝したのは36歳ですから、あと4年は安心できない(笑)。20代後半のころはけっこう解散の話も出ていたんです。でも30歳になったときに、売れなくても芸人をつづける覚悟みたいな話になって。だからもう、這い上がるしかないだろうと。ほかにやりたいこともなかったですし、お笑いが好きだし、楽しいので、これしかなかったんです。

お笑いをやっていれば毎日笑っていられる

バイきんぐ結成当時のふたり
バイきんぐ結成当時のふたり。若い!
「キングオブコント」優勝から10年のバイきんぐ。結婚、家族、中年男性としてのライフプラン
結成当時の宣材写真を模した1枚

──長くお笑いの仕事をつづけて、今はどういう瞬間に楽しいなと感じますか。

西村 もちろんネタがウケたときの気持ちよさは、何ものにも代え難い。あと、芸人ってネガティブなことも全部武器になるじゃないですか。どう転んでもまわりがおもしろくしてくれるし、なんでもありなところが素晴らしいなと思います。全部を笑いにつなげてくれる職業だと思います。

小峠 僕は常に楽しいです。この芸人という仕事をやっていると、毎日笑っていられるんです。そこが一番いいなと思っています。46歳でこんなに毎日笑って過ごすのってなかなか難しいじゃないですか。でもお笑いの現場にいれば、ずっと笑っていられる。こんなにいいことはないですよ。

──誰かを笑わせたい熱意よりも、自分が笑っていたい気持ちが大きい。

小峠 そうですね。どんな仕事でも絶対に笑っちゃいますもんね。

──バイきんぐのおふたりは、中年世代にとって憧れだと思うんです。仕事もバリバリやって、趣味も楽しんでいて。中年になっても楽しく生きる秘訣はありますか。

西村 イヤなことを無理してやる必要はないんじゃないですか。好きなものは好き、イヤなものはイヤ。自分のためにそれをハッキリさせておく必要はあると思います。「自分に正直に」ってことです。

小峠 うーん、なんだろうなぁ……。何かしら悩んでいるなら、行動したほうがいいよなとは思います。動かないことには変わりようがない。自分の現状が気に入らないんだったら、変化を待つのではなく、自分から行動を起こしたほうがいいんじゃないですか。

インタビュー後編はコチラ

バイきんぐ西村「実力がなかった」。壁ドン説教、キャラ迷走も、お笑い芸人をつづけられた理由

バイきんぐ単独ライブ『キャバレー』ライブビューイング

バイきんぐ単独ライブ『キャバレー』
バイきんぐ単独ライブ『キャバレー』

日時:2022年8月27日(土)17時開演予定
※開場時間は映画館によって異なります。
会場:札幌シネマフロンティア/MOVIX仙台/新宿バルト9/横浜ブルク13 /イオンシネマ幕張新都心/イオンシネマ浦和美園/ミッドランドスクエア シネマ/梅田ブルク7/T・ジョイ京都/OSシネマズ神戸ハーバーランド/広島バルト11/T・ジョイ博多
料金:3,000円(税込・全席指定)
チケット:イープラスで販売中

『キャバレー』オフィシャルグッズも販売中

バイきんぐ単独ライブ『キャバレー』オフィシャルグッズ
ファン必見、バイきんぐオフィシャルグッズついに登場。普段使いしやすいデザインに仕上げました!

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全12枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【バイきんぐ×QJWeb サイン入りチェキプレゼント】フォロー&リツイートキャンペーン

    ■キャンペーン応募期間
    2022年8月22日(月)〜2022年9月5日(水)

    ■キャンペーン参加方法
    【ステップ1】QJWeb公式ツイッターアカウント「@qj_web」をフォローしてください。
      ▼
    【ステップ2】「@qj_web」がキャンペーン告知をしたこのツイートを、応募期間中にリツイートしてください。
      ▼
    【応募完了!】
    締め切り後当選された方には「@qj_web」からDMにてご連絡を差し上げます。フォローを外さず、DMを開放してお待ちください。

    ※必ずご自身のアカウントを“公開”にした状態でリツイートしてください。アカウントが非公開(鍵アカウント)の場合はご応募の対象になりませんのでご注意ください。
    ※「いいね」はご応募の対象になりませんのでご注意ください。
    ※当選の発表は、こちらのDMをもって代えさせていただきます。
    ※当落についてのお問い合わせは受けかねますので、ご了承ください。
    ※本キャンペーンの当選がQJWebのインスタアカウントと重複した場合、どちらか一方の当選は無効となります。
    ※本景品は非売品です。譲渡・転売はご遠慮ください。
    ※いただいた個人情報は、本プレゼントキャンペーン以外の目的には使用しません。


安里和哲

Written by

安里和哲

(あさと・かずあき)ライター。1990年、沖縄県生まれ。ブログ『ひとつ恋でもしてみようか』(https://massarassa.hatenablog.com/)に日記や感想文を書く。趣味範囲は、映画、音楽、寄席演芸、お笑い、ラジオなど。執筆経験『クイック・ジャパン』『週刊SPA!』『Maybe!』..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太