男性ブランコ「コントライブを突き詰めることをいったん諦めた」ふたりが歩むコントで生きるための道のり

2022.3.18
男性ブランコ

文=おぐらりゅうじ 撮影=時永大吾 編集=梅山織愛


『キングオブコント2021』での準優勝を皮切りに、徐々にブレイクの兆しを見せる男性ブランコ。霜降り明星、ハナコらと同期のふたりには、このとき「不遇の天才第七世代」というキャッチコピーがついた。

結成から10年、東京進出から5年でようやくチャンスを掴んだふたりが“不遇”の時代に何を思ってきたのか。ブレイク前から親交のある編集者・おぐらりゅうじと振り返る。


コントで勝負するために決めた東京進出

──おふたりは共に1987年生まれで、同い年のコンビですよね。

浦井 はい。ふたり共、34歳です。

浦井のりひろ
浦井のりひろ(うらい・のりひろ)1987年12月3日、京都府出身

──大阪から東京に移籍したのが2017年。

平井 29歳のときですね。結成が2011年なので、6年目で大阪吉本から東京吉本の所属になりました。

平井まさあき
平井まさあき(ひらい・まさあき)1987年8月1日、兵庫県出身

──東京に来てから、『キングオブコント2021』で準優勝するまでの約5年間、今振り返ってみるとどうですか。

浦井 いやぁ、ずっとバイトしてましたね。

平井 大阪の劇場でもコントばっかりやっていて、それなりにランクも上がってきたところで東京に来て、完全にゼロからのスタートはつらかったです。

浦井 東京でも単独ライブにお客さんが少しずつ入るようになってからは、そこまでつらいと思わなくなりましたけど、東京に来たばっかりのころはしんどかったですよ。

平井 誰にも知られていない状況のなか、劇場のバトルに出なくちゃいけなかったりして。最初はシアターDという劇場の『トライアルオーディション』に出るところから始まって、大阪時代の仲間もいないですし、孤独でしたね。

浦井 ただ正直な話、なんだかんだ一度もブレイクのチャンスが来ないまま芸人を辞めていく仲間たちもたくさん見てきたので、この先どうなるかまだわからないですけど、とりあえず1回目のチャンスは来たっていうことが、今はうれしいです。

──大阪時代はブレイクの兆しはなかったんですか?

浦井 ほんの一瞬、バイト辞められそうな時期はあったんですよ。仕事もそれなりにあって。

平井 南海キャンディーズの山里(亮太)さんと共演していた『もってる!?モテるくん』(読売テレビ)という番組に出ていたときですね。

浦井 でも大阪の「5upよしもと」という劇場が、2014年に「よしもと漫才劇場」にリニューアルして、若手の漫才師を育てるっていうコンセプトになったんです。それで、あんまりコントができなくなって、結局バイトは辞められなかったです。

平井 お笑いだけでちゃんと食えるようになるには、大阪だとやっぱり漫才師なんです。コント師はだいぶ難しい。

男性ブランコ

──大阪時代、よく一緒にコントをやっていたのは?

平井 ロングコートダディさん、ニッポンの社長さん、とかですね。でも、どのコンビもコントだけではなく、漫才もやってました。今ではたまに僕らも漫才やりますけど、当時は全然やってなかったんです。

──東京に進出したのは、大阪に比べると、コントのシーンが盛り上がっているから?

浦井 そうですね。コントをつづけるなら、いずれ東京には行くだろうと思ってました。

平井 『キングオブコント』の決勝戦を観ても、中には大阪吉本の芸人もいますけど、やっぱり東京の芸人さんのほうが強かったりしますから。

浦井 僕ら2020年に初めて『キングオブコント』の準決勝に行ったんですけど、すでに東京でライブをやっていたとはいえ、大阪から来たというだけで不利な感触はあったんです。

──コントの登場人物が関西弁を話しているだけで、東京では「大阪弁の人」というキャラクターが乗っかりますからね。

平井 いや、まさにそうなんですよ。それ最初は気づかなくて。フラットな設定なのに、東京だと関西人キャラのコントとして見られちゃって、関西人が言いそうなこと言うんだろうなって、お客さんが構えちゃうんですよね。

浦井 なんなら、東京の人たちは、うっすら関西人のこと嫌ってるじゃないですか。嫌いというより、苦手というか。

平井 なので、ごくごく普通のサラリーマンを演じているはずなのに、東京だと「関西弁のサラリーマン」キャラになってしまって、そこのハードルは厳しかったですね。

──それはどう克服したんですか?

浦井 今も克服できているかはわかりませんが、標準語と使い分けるようにはなりました。

平井 関西弁のほうがよりおもしろくなる場合には関西弁のままいきますけど、基本は標準語のほうがいいなと思っています。

ハナコ、霜降り明星の優勝で感じた悔しさ

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全14枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

おぐらりゅうじ

1980年生まれ。編集者、ライター、構成作家。雑誌『TV Bros.』などを担当。映画『みうらじゅん&いとうせいこう ザ・スライドショーがやって来る!』構成・監督、テレビ東京『「ゴッドタン」完全読本』企画監修、武田砂鉄責任編集『開局70周年記念 TBSラジオ公式読本』取材・構成ほか。ライター速水健朗..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太