「世の中そんないいものだけじゃない」。ハリウッドザコシショウの「気持ち悪さ」は緻密な計算の上に成り立つ

2021.8.7
ハリウッドザコシショウ

文=ラリー遠田 撮影=いわなびとん 編集=鈴木 梢


『R-1ぐらんぷり2016』で優勝、『R-1グランプリ2021』では審査員も務めたピン芸人・ハリウッドザコシショウ。有名人の特徴を過剰に表現した「誇張ものまね」ネタで知る人は多いかもしれない。

誇張ものまね以外にも独特の芸風で繰り広げる漫談などのネタも持ち、その姿を見た人は笑いながらも、時に動揺、困惑することもあるのではないだろうか。しかし彼の芸風のあらゆる面は、実は緻密な計算の上に成り立っている。ただの狂人というわけではない。

エゴサーチをするなかで、「ザコシ気持ち悪い」といった言葉を目にすることもある。しかし本人は、それも「ちょっとうれしくなる」と話す。彼が追求するお笑いの在り方とはどんなものなのか。


「ものまね」というパッケージのわかりやすさ

ハリウッドザコシショウ
ハリウッドザコシショウ(はりうっどざこししょう)1974年2月13日、静岡県出身。1992年に大阪NSC11期生として入学、現在はソニー・ミュージックアーティスツ所属。『R-1ぐらんぷり2016』で42歳史上最年長王者

——ザコシさんが『R-1ぐらんぷり2016』で優勝したときには「誇張ものまね」のネタをやっていましたね。やはりあのネタを作ったのが優勝の決め手になったんでしょうか。

ザコシ そうですね。まず、ものまねというパッケージがあるから世間に浸透しやすかったんです。たとえば、「今からギャグの羅列をやりますよ」というパッケージだったら、引いてしまう人もいると思うんですよね。若い子はいいけど、ちょっと歳いってる人はギャグっていうのがよくわからないから。ものまねだったら「じゃあ観てみようか」っていうふうに、視聴者の方も降りてこられるところがあるんですよ。判断基準ができるというか。

あと、普通のものまねというフリがあって、すごくオーバーなものまねをするでしょう。僕みたいに表現の仕方が下手でも、そういうテンプレートがあるからわかりやすかったんじゃないですか。

——『R-1』で披露された誇張ものまねも、あの形になるまではけっこういろいろ試行錯誤をされていますよね。

ザコシ そうですね。あれに辿り着くまではなかなか大変でした。もともとは「誇張しすぎたものまね」とか何も言っていなくて、「古畑漫談」ということで、3分間ずっと古畑任三郎のちょっとオーバーなものまねをやっていたんですよ。

それを『R-1』の予選でやったら、1回戦はバカウケしたけど、2回戦ではまるっきしウケなかったんです。それで、どの舞台に立ってもある程度ウケるようにしないといけないんだな、と思いました。

単独ライブで「ものまね30連発」というコーナーをずっとやっていて、このコーナーはけっこうウケるから、それをグーッと3分に縮めたような感じでやったらどうかなと思って、ライブで試してみたんです。

それがまあウケるんですよ。それで、これってわかりやすいのかなと思って、そこからどんどんブラッシュアップしていったという感じですね。最初は3分でものまねを3個ぐらいしか入れてなかったんですけど、要らないところを全部削ぎ落としたら8個入れられたんです。ネタの順番とかも細かく考えていきました。

ハリウッドザコシショウ

——ザコシさんって、あまりお笑いを知らない人が観たら、勢いだけでやっているみたいに思われがちじゃないですか。でも、こうやってお話を伺っていると、実はけっこういろいろなことを考えていて、緻密にやっている部分もあるわけですね。

ザコシ ぶっちゃけて言うと、緻密にやっている部分しかないかもしれないです。すべての収録の前に綿密に打ち合わせをしているし、何をやるかというのは僕なりに事前に考えています。忘れたら嫌だからパンツの中には絶対にカンペを入れているんですよ。実際見ないにしても、忘れてしまうのが一番残念だから。絶対にやりたいものは出し切りたいし、盛り上がったところでこれを出したほうがいい、っていうのも自分の中で計算してやっていますから。

「ザコシ気持ち悪い」もうれしい

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全9枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

ラリー遠田

(らりー・とおだ)1979年、愛知県名古屋市生まれ。東京大学文学部卒業。テレビ番組制作会社勤務を経て、作家・ライター、お笑い評論家に。テレビ・お笑いに関する取材、執筆、イベント主催など多岐にわたる活動を行っている。『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴァー携書)、『とんねるずと「めちゃイケ」の終わ..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太