OWVが魅せる“夏の一日”。サマーチューンがそろった『Get Away』のすべてを語る

2021.7.30


パフォーマンスあってのOWV

──「twilight」はどんな曲ですか。

浦野 ボーカルを魅せられる曲じゃないかなと思っていて。エッジボイスを使ったりして、哀愁漂うセクシーな感じで歌いました。

浦野秀太

中川 僕はこの曲が、めっちゃ好きなんですよ! 歌い上げる曲ってあまりなかったし、すごくうれしくて。新しいOWVを見せられる挑戦の一曲。OWVになる前からボーカルをやりたかったので、すごくテンションが上がりました。

浦野 僕らは攻撃的な曲が多いので、セットリストに入れたときもいいアクセントになりそう。

本田 夏じゃなくても聴ける?

中川 聴けます。リリック自体は別れを歌っているので。って、あなた知ってるでしょうが(笑)。

佐野文哉

──「Bling Bling」はどうですか。

中川 歌詞が妖艶。妖艶さを比喩で包んでいる、というか。

本田 「比喩で包む」って、表現かっこよ!

中川 ビートがけっこう重いし、ねっとりしたイメージだったので、色気を出そうと思って歌いました。自分のパートで好きなところは、落ちサビの<Right by your side 耳元囁いて>。ここはちょっと悲愴な感じというか、懇願するような感じで歌っています。そういう歌い分けを研究するのが、楽しいレコーディングでした。

中川勝就

本田 僕はコレオグラフが、めちゃくちゃ好きなんだよね。早くダンスをパフォーマンスしたい!

浦野 あれはかっこいいよね。バチバチに決めててOWVらしい、構成もすごい。

中川 「Roar」の次くらいにしんどいです(笑)。

本田 止まらないので。

──『Get Away』の3曲でも、本田さんと佐野さんはコレオグラフを担当されているんですか。

本田 今回は参加していないんです。もともと「Bling Bling」は文哉と共作する話もあったんですけど、曲を聴いたら振り付けをお願いしたいダンサーさんが思い浮かんだので、作っていただくことにしました。みんなに「いい?」って聞いて。

浦野 僕が「いいよ」って。

中川 最後の決定権はお前にあるんかい(笑)。

本田 実際は、みんなで決めてます(笑)。

──「Get Away」は、ReiNaさんが担当されたというお話が先ほどありましたね。

本田 RIEHATAさんがプロデュースしている「avex ROYALBRATS」っていうチームに入っている方なんですけど、いろんなアーティストの振り付けを担当していて。

浦野 NCTやStray Kids、クリス・ブラウンとかね。

本田 僕たちの曲でいうと、まだライブでしか披露していない「My flow」もReiNaちゃんなんです。

──「Bling Bling」は、どなたが担当されたんですか。

本田 YORITOさんっていう、韓国のアーティストのバックダンサーとして活躍されている方にお願いしました。独特な踊り方をする方なので、「Bling Bling」に合いそうだなって。

本田康祐

──どちらのパフォーマンスも早く生で観たいですね。

本田 8月1日と22日には『OWV SUMMER LIVE 2021 -WIND-』を開催するので、そちらで披露したいと思っています。『Get Away』を引っさげてのライブということになるんですけど、今回も2部構成でトークとライブをやらせてもらいます。

浦野 8月1日の東京公演はオンラインもあるので、ぜひたくさんの方に観ていただきたいですね。

本田 パフォーマンスあってのOWVなので、ぜひ僕たちのステージパフォーマンスを観ていただきたいです。

OWV
2019年に社会現象を起こした日本最大級のオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』に出演した元練習生4名により結成されたボーイズグループ。 グループ名「OWV」には、“Our only Way to get Victory~勝利を掴む僕たちだけの道~ 誰にも真似することのできない唯一無二のグループとなり、この世界で勝利を掴む”というメンバーの強い想いが込められている。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全22枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • OWV 4thシングル『Get Away』

    発売日:2021年7月28日
    ・通常盤(CD only):1,200円(税込)
    ・初回限定盤(CD+DVD):2,000円(税込)
    ・FC限定盤(CD+Blu-ray):5,000円(税込)
    ※画像は通常盤です

    関連リンク

  • 【OWV×QJWeb サイン入りチェキプレゼント】フォロー&リツイートキャンペーン

    キャンペーンの応募期間、参加方法は以下をご覧ください。

    【応募期間】
    2021年7月30日(金)〜2021年8月12日(木)
    ーーーーーーーーーーー
    【ステップ1】
    ツイッターから『QJWeb クイック・ジャパン ウェブ』公式アカウント「@qj_web」をフォローしてください。
      ▼
    【ステップ2】
    『QJWeb クイック・ジャパン ウェブ』公式アカウントがキャンペーン告知をした以下の投稿を、応募期間中にリツイートしてください。


    ※必ずご自身のアカウントを“公開”にした状態でリツイートしてください。アカウントが非公開(鍵アカウント)の場合はご応募の対象になりませんのでご注意ください。
    ※「いいね」はご応募の対象になりませんのでご注意ください。
      ▼
    【応募完了!】
    締め切り後当選された方には、『QJWeb クイック・ジャパン ウェブ』公式アカウント「@qj_web」からDMにて、ご連絡差し上げます。フォローを外さず、DMを開放してお待ちください。
    当選の発表は、こちらのDMをもって代えさせていただきます。
    ※当落についてのお問い合わせは受けかねますので、ご了承ください。
    ※本景品は非売品です。譲渡・転売はご遠慮ください。
    ※いただいた個人情報は、本プレゼントキャンペーン以外の目的には使用しません。


ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太