aiko、年齢を重ねても“変わらない”理由「22年目にして、さらに前向きに」

2021.2.25


悲しいときに悲しいと言える環境を

クイック・ジャパン154 aiko
『クイック・ジャパン』vol.154より

──お話を聞いていて感じるのは、aikoさんはいつまでも子供のようなピュアな感性を持ち続けている方なんだなっていうことで。その生き方は多くの人の憧れになり得るものだと思うんですよね。

私はどうでもいいことすらも楽しむためにはどうしたらいいかなって考えながら、極力すべてのことを冗談のように過ごしていきたいんですよね。いつもふらふらしてるんやけど、でも音楽だけはちゃんと向き合うっていう、そういう人生のかたちが私はおもしろいなって思っているんやと思います。もちろんその中でダメ出しをしたい部分はめちゃくちゃたくさんありますけどね(笑)。

──日々を楽しく、冗談のように過ごすことって、実はすごく難しいことでもあるような気がするんですよね。わかってはいても、いろんなことに悩み、落ち込んでしまう人も多いと思うので。

私も落ち込むことはめっちゃありますよ。基本、常にうしろ向きやから、そこも治したいところではあるんですよね。私、家にいるときに“ひとり情熱大陸”みたいなことをめっちゃやったりすることがあって(笑)。

──カメラが密着してるテイで、そのときの状況をナレーションしてみたり(笑)。

そうそう。「aikoは今、ピリついた状況のようだ」みたいな。で、そういうピリついていたり、しっとりしたようなモードのときにあえて曲を書いてみたりすることもあるんですよ。もしかすると、そういうチャンネルは人よりも多いかもしれないです。

──と言うことは、たとえネガティブな感情であっても、それをムリに前向きにするのではなく、曲を生み出すパワーに変えているところもある?

どうなんやろう? 私の場合、死ぬほど落ち込むことってほぼ音楽のことが理由なんですよ。で、音楽で落ち込んだら、いい曲を作って楽しく歌うことでしか絶対に癒えないんです。誰かから「大丈夫だよ」って励ましてもらったとしても、自分がちゃんとしてなければ絶対に抜け出すことはできない。

だからこそ、常にいい状態で曲を作れる体調にしておくために、日々を楽しく過ごすようにしているところもあるんだと思いますね。

──なるほど。いい曲、いい歌のためという絶対的な目的があるからこそ、日常的なネガティブな感情についてはすべてポジティブに変換できるところがあるのかもしれないですね。

そうですね。あとは人と話すことも大事やなって最近すごく思う。悲しいことがあったら、それをちゃんと悲しい気持ちとして伝えられる人がいるのはすごくありがたいことやと思うんですよ。今のスタッフさんたちは、私のいろんな気持ちに同じように向き合ってくれる方たちばかりなので、ほんまにいい環境なんですよね。

だからこそ、22年目にしてよりタガが外れてやりたいことがいっぱい出てきたし、いろんなことをより前向きに捉えられるようになっているんやと思います。

※『クイック・ジャパン』vol.154では、aikoによる1万字以上のロングインタビューを掲載。ここでは公開できなかった「コロナ禍との向き合い方」「理想の自分」「将来のビジョン」などをじっくり語っています。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全7枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • QJ154 aiko

    aikoロングインタビューほか、70Pの大特集!『クイック・ジャパン』vol.154

    定価:1,300円(税別)
    サイズ:A5/192ページ
    発売日:2月26日(金)より順次

    関連リンク


QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太