空気階段・水川かたまり“文字だけのセックスに没頭”する、セクシー小説の初執筆を振り返る

2020.6.27

下ネタは、良識ある大人も笑えるようにしたい

「がんばって書いたので、親族以外は絶対みんな読んでください」と水川かたまり

――物語の主人公は、大学卒業後も家庭教師のアルバイトをつづけている青年です。水川さんも学生時代は家庭教師のアルバイトをしていたんですよね。

水川 そうですね。コントだったらある程度はごまかせるんですけど、小説で細かく書くとなると、やっぱり自分に経験がないと話を発展させられないと思ったので。僕、あんまりアルバイトをちゃんとしたことがなくて。家庭教師とコンビニ店員とお寿司屋さんの中から、話が広げられそうな家庭教師を選びました。

――あの自己中心的な主人公もご自身がモデルなんでしょうか?

水川 いや、モデルは後輩芸人のジャンボたかお(レインボー)です。

――そうだったんですね。家庭教師先の教え子の誠司くんや彼のお母さんなど、ほかの登場人物も魅力的でした。

水川 誠司くんは素直で人懐っこいキャラクターなんですが、彼は実際に家庭教師のアルバイトをしていたころの教え子がモデルになっていて。すごくいい子だったんですよ。ちゃんとお母さんのお手伝いもするし、年の離れた妹の世話もしてて……。その子のことを思い出しながら書きました。

――誠司くんのお母さんも?

水川 そうですね、誠司くんのモデルになった子とはまた別のご家庭なんですけど、実際に僕が家庭教師のアルバイトをしてたころに、好きなお母さんがいて……“好きなお母さん”って言うとめちゃめちゃ気持ち悪いですけど(笑)。家庭教師先のシングルマザーの方にそういう恋心を抱いてた時期があって、そのお母さんがモデルです。

――チャットセックスという題材を扱いながら、読者に不快感を与えないエロティックな描写も素晴らしかったです。普段からコントで「エロ」を描く際に意識していることはありますか?

水川 普段、僕はあんまりエロとか下ネタの話を自分からはしないので、コントで発散してるような部分はあるかもしれないです。ただ、「自分のお父さんがこれを見て笑えるか?」というのはけっこう意識してますね。“芸人が笑うかどうか”で考えちゃうと、やり過ぎてお客さんが引いちゃうこともあるので。僕のお父さんは社会で働いてる良識のある大人というか、ちゃんとした人なんで、下ネタを書くときはそういう人が見て笑えるようなものにしたいと思っています。

――初めての小説を書き上げて、手応えは感じましたか?

水川 今までは何か書くにしてもコントの台本とかだったんで、長い文章を書くっていうのは初めてで。本当に、ほんっっっとうに大変でした。改めて、小説家の方ってすごいことをやってるんだなと思いました。すごく勉強になりましたし、めっちゃいい経験になりました。ぜひ読んでくれたらうれしいです!

2019年の『空気階段の踊り場』(TBSラジオ)のイベントで公開プロポーズ、2020年1月の放送で入籍を報告した

ライブ配信朗読劇『アサミ〜愛の夢〜』

本作の発表に当たり、7月10日(金)にYouTubeの「空気階段チャンネル」にてライブ配信朗読劇『アサミ〜愛の夢〜』が開催される。空気階段の水川かたまり、鈴木もぐらに加え、ヒロインのアサミ役にはセクシー女優の根尾あかりの出演も決定。また、TBSラジオ『空気階段の踊り場』との朗読劇コラボ企画も進行中。ぜひ『クイック・ジャパン』本誌に掲載される小説を手元に置いて、朗読劇をお楽しみください。

アサミ役:根尾あかりコメント

初めて台本をいただいたとき、どんな役なんだろうとわくわくしながら読んだのですが、「あっ、そういうオチなのね!」と思わずクスッとしてしまいました。
読み始めたときのアサミと読み終えたときのアサミとではまったく印象が変わるので、それを悟られないようにしつつ、終わったときに「なるほどね!」と思ってもらえるよう、どう演じようか今から楽しみです。
細かな笑いもあって、とても楽しめるお話だと思うので、ぜひ楽しんでいただけたらと思います!


この記事が掲載されているカテゴリ

この記事の画像(全20枚)


  • 水川かたまり(空気階段)

    QuickJapan Presents ライブ配信朗読劇『アサミ〜愛の夢〜』

    日時:7月10日(金)21時〜
    出演者:水川かたまり・鈴木もぐら(空気階段)、根尾あかり
    YouTube「空気階段チャンネル」にて生配信

    ※詳細は後日『クイック・ジャパン』公式 Twitter(@QJ_official)にて発表予定

    関連リンク

  • 『クイック・ジャパン』vol.150 表紙

    『クイック・ジャパン』vol.150

    定価:1,100円(税別)
    サイズ:A5/152ページ
    発売日:6月26日(金)より順次発売

    関連リンク


山本大樹

ARTICLE LIST

山本大樹さんの関連記事一覧

山本大樹さんの
新着・人気記事をお知らせします。