意外『キングオブコント』の優勝者は「吉本率」が低い!ファイナリストのべ138組を所属事務所で分析してみた

キングオブコント2022

文=井上マサキ イラスト=まつもとりえこ 編集=アライユキコ


2008年に始まり、今年で15年目を迎える『キングオブコント』のこれまでのファイナリスト、優勝者を「所属事務所」で分析してみたら……。賞レースウォッチャー・井上マサキのたどりついた意外な真実とは?


『キングオブコント』の優勝者は「吉本率」が低い

いよいよ10月8日に放送が迫った『キングオブコント2022』(TBS)。ファイナリスト10組から新たな「コント日本一」が誕生する。

2008年の第1回から今年で15年目を迎え、これまで誕生したチャンピオンは14組。その所属事務所に注目してみると、吉本興業(よしもとクリエイティブエージェンシー含む)に所属しているチャンピオンは約半数の8組。さすが吉本は強いな……と思うのだけど、実は『キングオブコント』はチャンピオンにおける「吉本率」が他の賞レースに比べて低いのだ。『R-1』は20組中14組(70%)、『M-1は』17組中13組(76%)と、7割が吉本なのである。

さらに、『キングオブコント』における「非吉本」のチャンピオンを見てみると、人力舎の2組(東京03、キングオブコメディ)のほかは、バイきんぐ(SMA)、かもめんたる(サンミュージック)、ハナコ(ワタナベ)、どぶろっく(浅井企画)と見事にバラバラなのだ。

『キングオブコント』は、他の賞レース以上に所属事務所同士の「群雄割拠」を楽しめる大会ともいえる。そこで、これまで登場したファイナリストのべ138組の所属事務所から、これまでの『キングオブコント』を振り返ってみたい。

最多決勝進出者であり、最も多く所属が変わったコンビとは?

まずは、ファイナリストのべ138組の所属事務所をランキングにしてみた(「重複あり」)。また、決勝に複数回進出した組を除いたランキング(「重複なし」)も合わせて作成した。なお、カウントは「大会出場時の所属事務所」としている。

ファイナリストのべ138組所属事務所をランキング(作表/井上マサキ)
ファイナリストのべ138組所属事務所をランキング(作表/井上マサキ)

やはり強いのは吉本興業で、「重複あり」「重複なし」共にファイナリストの半数が吉本興業だ。2番目に多いのはプロダクション人力舎。チャンピオンの2組のほか、ラバーガール、鬼ヶ島、巨匠、リンゴスター、ザ・マミィ、そして今回即席ユニットで初のファイナリストである最高の人間(岡野陽一&吉住)が人力舎の所属だ。かつて巨匠(2016年解散)のメンバーだった岡野陽一は、7年ぶり3度目の決勝進出となる。

「重複あり」では上位にいる松竹芸能とASH&Dだが、「重複なし」ではランクが下がっている。これは何度も決勝に進出している組がいるということ。ASH&Dはザ・ギースが4回、ラブレターズが3回、松竹芸能もTKOが4回、うしろシティが3回の決勝進出を果たしている。

その松竹芸能にかつて所属していたのが、さらば青春の光。松竹芸能時代の2012年に初めて決勝に進出したあと事務所を退社し、2013年にはフリーで決勝に。2014年以降は個人事務所「ザ・森東」で4回決勝進出。6回という最多決勝進出記録と、3回の所属変更は、誰にも破られていない記録である。


事務所に属さない「フリー」で決勝に進出した4組とは?

事務所に属さない「フリー」のファイナリストが多いのも、『キングオブコント』の特徴だろう。これまでフリーで決勝に進出したのは、さらば青春の光、夜ふかしの会、にゃんこスター、ゾフィーの4組。特に2017年出場のにゃんこスターは、ダークホースながらファーストステージを1位通過、トータルでも準優勝となり、会場を大いにかき乱した。ちなみに『キングオブコント』放送後、夜ふかしの会とにゃんこスターはワタナベに、ゾフィーはグレープカンパニーに所属している。

「ファイナル出場回数1回」の所属事務所にも注目したい。ホリプロは2008年出場のバナナマン、フラットファイヴは2009年のサンドウィッチマン、トゥインクル・コーポレーションは2010年のエレキコミックの所属事務所。サンドウィッチマンは、2010年に新事務所・グレープカンパニーを立ち上げており、後輩たちもきちんと結果を残してきた。

また、浅井企画は2019年出場のどぶろっくの所属事務所。この1回で、事務所として3大賞レースの初出場&初優勝を決めたのだった。そして今回の2022年、ケイダッシュステージが初めて決勝に送り込んだのがクロコップ。先日の『ラヴィット!』(TBS)では、先輩のオードリー春日(俊彰)からも激励を(志村けんの「だいじょうぶだぁ」スタイルで)受けていた。こちらも初出場初優勝なるか。

所属事務所のばらつきが最も多かった年は?

先ほどは15年分をまとめたランキングだったが、各回では所属事務所の分布はどうなっているのだろうか。こちらもまとめてみた。

各回の優勝者と、ファイナリストの所属事務所分布(作表/井上マサキ)
各回の優勝者と、ファイナリストの所属事務所分布(作表/井上マサキ)

今回、このまとめを作る上で悩ましかったのが、2017年出場のわらふぢなるお。当時、メンバーの口笛なるおがグレープカンパニー、ふぢわらがサンミュージックに所属していたため、それぞれ2分の1で集計している(なお2018年に両者ともグレープカンパニーに所属)

各回の分布を見ると、さまざまな事務所が毎回入り乱れているのがわかる。特に所属事務所のばらつきが大きかったのが、かもめんたるが優勝した2013年。ファイナリスト8組のうち、7組が違う事務所だった(吉本興業、松竹芸能、人力舎、太田プロ、サンミュージック、マセキ、フリー)。

一方で、ここ数年は「吉本率」が高まっていることがうかがえる。特に2020年と2021年は、なんと10組中9組が吉本興業で、それぞれの年のチャンピオン(ジャルジャルと空気階段)も吉本興業所属だ。2017年まで4年連続優勝していた吉本興業は、2018年にハナコ(ワタナベ)、2019年にどぶろっく(浅井企画)に優勝を明け渡しており、ここ数年の「吉本率」の高さは「吉本興業の復権」ともいえるだろう。

ただ、今回の『キングオブコント2022』は「吉本率」が再び2019年以前の水準に戻っている。ファイナリスト10組の所属事務所は、いぬ、コットン、ニッポンの社長、ネルソンズ、ビスケットブラザーズ、ロングコートダディの6組が吉本興業、ほか4組はかが屋(マセキ)、や団(SMA)、最高の人間(人力舎)、クロコップ(ケイダッシュステージ)だ。

引きつづき吉本が覇権を握るのか、それとも人力舎に12年ぶり、SMAに10年ぶりの優勝が渡るのか、はたまたマセキやケイダッシュステージに初のチャンピオンが生まれるのか……。10月8日の本番を楽しみに待ちたい。

サムネ答え合わせ
トップサムネの答え合わせ。全員わかりましたか?なんのコントかまでわかったひとはえらい

この記事の画像(全17枚)




関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

井上マサキ

Written by

井上マサキ

(いのうえ・まさき)1975年宮城県生まれ。ライター、路線図マニア。大学卒業後、システムエンジニアとして15年勤務し、2015年よりライターに転身。共著に『たのしい路線図』(グラフィック社)、『日本の路線図』(三才ブックス)、『桃太郎のきびだんごは経費で落ちるのか? 日本の昔話で身につく税の基本』(..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太