声優ラジオの新たな時代を切り開く『鈴村健一のラジベース』【今、ラジオで活躍する中年パーソナリティ②】

2022.6.28


古くて新しい『鈴村健一のラジベース』

『ユニゾン!』時代は深夜の生放送という気負いもあったが、朝の帯番組という経験を経て、自然体で番組に臨んでいる。ゲスト出演した『伊福部崇のラジオのラジオ』(超!A&G+)内で、鈴村はこんなふうに語っている。

「『ユニゾン!』を始めたときより、肩の力が抜けてて、なんでもなくやれている気がする。それが自分的にはおもしろくて。ラジオ本来の、“自由であるべき”とか、パーソナリティだから“パーソナリティが自分の好きなことをしゃべる”とか、『それがラジオだろ?』ということに、いろんなところに行って、もう一回気づけたところがあって」

「『ラジベース』はまさにそれで、必要以上のアクションをしてないんですよ。『ユニゾン!』をやっていたころは、昔のこと、昭和の話がすごい好きだから、そういう話をしていると、解説しているんですよ。(中略)『ラジベース』では一切やってなくて。ユーザーフレンドリーみたいなところをあえてなくしているところが『ラジベース』にはあって。これは前までやってこなかった感じで、それを今、楽しいとは思っている。いいか悪いかはわからないけど」

ジェネレーションギャップが生じても無理に説明しないというのは、現在の中年ラジオ現象を皮膚感覚で理解しているからこその対応。リスナーにわかりやすくしゃべることは大切なことだけれど、事細かに説明するよりも、“熱量”や“おもしろさ”を優先するのは今の時代に合っている気がする。

同時に伊福部以外の若いスタッフ陣に「わかる」「わからない」の札を持たせて、常に語った内容をジャッジさせているのがおもしろい点。若いリスナーにも中年リスナーにも世代のズレが生むニュアンスを伝えて、スタッフ個人の個性も浮かび上がらせている。ギャップを可視化、ゲーム化しているのだ。『ラジベース』は“古い”けれど、“新しい”番組である。

声優がラジオパーソナリティとして本格的に活躍し始めたのは約50年前。その道を切り開いたのは、深夜ラジオ黎明期に絶大な人気を誇った『野沢那智と白石冬美のパックインミュージック』(TBSラジオ)……通称『ナチチャコパック』である。木曜深夜にリスナーと15年間向かい合ったふたりは、のちに昼の帯番組を担当。テレビ番組の司会まで務めている。

図らずも鈴村の『ユニゾン!』が放送されていたのは、『ナチチャコパック』と同じく木曜深夜だった。彼もまた深夜ラジオ、そして昼間のラジオでの経験を経て、新しい挑戦をしようとしている。古きよき時代のラジオのおもしろさに、現在の世の流れやカルチャーのエッセンスを加えて、それでもリスナーと向かい合いつづける。新たな時代の声優ラジオを切り開くのは、軽やかに自然体でそれができる鈴村ら中年声優たちだろう。その背中を今度は次代の声優たちが追いかけていくはずだ。

『鈴村健一のラジベース』はライブ配信アプリ「HAKUNA」で動画つき生配信も実施。「HAKUNA」公式YouTubeチャンネルで過去回を公開中。
『伊福部崇のラジオのラジオ』は超!A&G+にて毎週火曜日26時30分から放送中(リピートは水曜日14時30分~)。

『鈴村健一のラジベース』HAKUNA アーカイブ #1

【関連】ハライチ岩井勇気&声優・花江夏樹。意識し合うふたりの関係性「岩井さんのスマートさに憧れるんです」


この記事の画像(全3枚)


この記事が掲載されているカテゴリ

村上謙三久_新プロフィール

Written by

村上謙三久

(むらかみ・けんさく)編集者、ライター。1978年生まれ。プロレス、ラジオ関連を中心に活動。『声優ラジオの時間』『お笑いラジオの時間』(綜合図書)の編集長を務め、著書に『深夜のラジオっ子』(筑摩書房)、『声優ラジオ“愛”史 声優とラジオの50年』(辰巳出版)、『いつものラジオ リスナーに聞いた16の..

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。