『元彼の遺言状』8話 ついに明かされた篠田(大泉洋)の正体だが、あの写真は何だったの?怪しさポイントをまとめてみた

2022.6.6
元彼の遺言状8

文・イラスト=北村ヂン 編集=アライユキコ


月9ドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ)。逮捕された篠田敬太郎(大泉洋)の冤罪を晴らすために剣持麗子(綾瀬はるか)が奔走する。だが、篠田には怪しい点が多過ぎる! 終盤に入ってきた『元彼の遺言状』を、ドラマウォッチャー北村ヂンが考察する(ネタバレを含みます)。


やっぱり怪しかった篠田

1話からうっすらと怪しいとは思っていた篠田敬太郎(大泉洋)の正体問題が、ようやく大きく展開した。

・篠田というのは偽名
・本物の篠田はすでに死亡している
・ニセ篠田は6年前に起こった十ヶ浜強盗殺人事件の容疑者となっており、森川栄治(生田斗真)の提案で「篠田敬太郎」を名乗るようになった

このへんの情報がドドドーッと出てきたわけだが、それはそれとして新たな事件が起こる。

事件以上に謎過ぎる被害者(?)の行動

弁護士・剣持麗子(綾瀬はるか)が依頼の電話を受け、西園寺製鉄の社長・西園寺一蔵(金田明夫)の元を訪れると、浴室で一蔵が死んでいた……と思ったら、その遺体はまったくの別人だった。
第一発見者は長男の渉(駿河太郎)。浴室に遺体があるのを見つけ、身元をよく確認もしないまま「親父が死んだ!」と勘違いして警察に通報したのだ。
勘当されていた次男・恭介(石垣佑磨)も現れるが、ふたり共遺産の心配ばかりしている様子。……というか、遺体は一蔵のものじゃなかったのに、どうして遺産の話になっているのか!?

息子のどちらかが遺産を狙って父親を殺そうとしたものの、間違えて別人を殺してしまった……パターンかと思いきや、事件は予想外の、ワケのわからない方向に転がっていく。
父親である一蔵はボランティアでホームレス支援をしていた。そこで『王子と乞食』よろしくホームレスと生活を取り替えていたら、その最中にホームレスが衰弱死してしまったのだという。

一蔵としては、体調を崩していたホームレスを気遣って……という理由と共に(何かほかの方法はなかったのか!?)、行方をくらますことで息子たちが自分のことを心配するかどうか反応を見たいという思惑もあったようだ。
しかし、親父の不在時に知らないホームレスが家に住み着いていたら、息子たちも親父を心配する前に警察へ通報しちゃうと思うけど……。

とにかく、そんな意図で実行した『王子と乞食』作戦だったが、一蔵が家に戻ってきたらホームレスが死んでいた。そこで「できればきれいな姿で(娘に)会ってほしいと思った」ということで、遺体を浴室で洗っていたが、途中で渉が帰ってきてしまったので姿を隠したんだとか。

なおかつ、この間に一蔵は、麗子へ遺言の管理(?)を依頼する電話までしているのだ。
事件の謎以上に、一蔵の行動が謎過ぎる。

後半に篠田の正体エピソードを入れるために、無理やり前半30分で終わらせなければならないという事情もあったのだろうが、だったらこの事件丸ごとなくてもよかったのでは……。


まだまだ怪しい篠田

さて、本題の篠田の正体問題。

麗子はいったん篠田を警察に突き出し、警察に再捜査をさせつつ、裁判で冤罪を晴らそうとしているようだ。ようやく弁護士らしい活動!?

元彼である栄治が残した「し・の・だ・を・た・の・ん・だ」を、「篠田の弁護を頼んだ」と解釈しているのだろうが、それ以上に、これまで一緒に過ごすなかで篠田との間に固い絆が育まれていたようだ。
篠田を保釈させるため、天敵である元上司・津々井君彦弁護士(浅野和之)に頭を下げ、「暮らしの法律事務所」をたたんで、津々井の事務所に戻る約束までしているのだ。

……正直ここまで見てきて、「篠田のためにそこまでやるほどの絆が育まれるようなエピソードあったか!?」と思わなくもないが。

とにかく麗子は篠田の言うことを全面的に信じているようだけど、怪しい部分もある。
1話で、麗子は知り合い面して会いに来た篠田のことをまったく覚えていなかった。
麗子は栄治と付き合っている当時、栄治が所属していたミステリー研究会の飲み会にしばしば参加していた。篠田はそのサークルの先輩であり、飲み会の場で麗子とも会ったことがあると主張していたのだ。

しかし、その発言がウソであることはすでにわかっている。

篠田が栄治と知り合ったのは3年前(麗子とはすでに別れているだろう)。そもそも篠田はミステリー研究会どころか大学にも入っていない。
ところが篠田はそのとき、自分の発言を信じさせるため、若かりし日の麗子と栄治、そして篠田(ニセ)が一緒に写った写真を証拠として見せているのだ。

あの写真はなんだったの? 合成!?

『剣持麗子のワンナイト推理』新川帆立/宝島社
原作『剣持麗子のワンナイト推理』新川帆立/宝島社

最後にアッと言わせてもらいたい!

篠田が麗子の電話番号や顔を知っていた理由も気になるところ。
栄治から、「自分の身に何かあったら、麗子を頼るように」的な指示を事前に受けていたのだろうか?
でも当初、篠田が麗子に会いに来た理由は、自分を(栄治殺害の)犯人に仕立て上げてもらい、栄治の遺産をゲットするためだったし……。
殺人容疑をかけられて身を隠している最中に、他の殺人事件の犯人になりすまそうとするなんて、神経図太いな!

このままストレートに十ヶ浜強盗殺人事件の真犯人を見つけ出し、篠田の冤罪が晴らされてハッピーエンドとなるのか?
それとも、もう一展開あって、やっぱり篠田は殺人犯で、栄治の死にも絡んでいる……なんてこともあり得るのか!?

出だしはトリッキーで興味を引かれるわりに、真相がわかると拍子抜けするような事件ばかりだった本作。
最後に残されたデカい謎ではアッと言わせてもらいたいところだが、果たして……。

【最強バディ、最後の事件へ!】綾瀬はるか×大泉洋『元彼の遺言状』第9話 30秒PR! 6月6日(月)夜9時〈フジテレビ〉

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全13枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ



北村ヂン

Written by

北村ヂン

(きたむら・ぢん)1975年群馬県生まれ。各種面白記事でインターネットのみなさんのご機嫌を伺うライター&イラストレーター。藤子・F・不二雄先生に憧れ過ぎています。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太