歴史に刻まれた『THE FIRST』という現象。音楽を愛するすべての人の“光”の源に【『THE FIRST FINAL』レポートあり】

2022.2.20


“かっこいい”を具現化できるパフォーマンス

ふたつ目に、“音楽業界にとっての光”である。そもそも『THE FIRST』は、「このままだと日本から良質なダンス&ボーカルが生まれなくなってしまう」(「【『THE FIRST -BMSG Audition 2021-』レポート#1】SKY-HIが人生を縣けるボーイズグループオーディションがスタート!」)というSKY-HIの危機感から発足したプロジェクトである。今までの日本のシステムにフィットできなかった才能をすくい上げると共に、日本の音楽業界を豊かにするための第一歩を作っていくことを念頭に置いていたはずだ。

かくして結成されたBE:FIRSTは、すでに大きな反響を生み出している。デビュー曲「Gifted.」は各種音楽チャートで40冠を獲得、米ビルボードの“Hot Trending Songs”24時間チャートでも1位に輝き、プレデビュー曲「Shining One」のMVはYouTubeで2500万回再生を突破(2022年2月時点)。デビューしてわずか3カ月にもかかわらず、大きな実績を残している。

BE:FIRST / Shining One -Music Video-

従来の方法で人気を得ようとするならば、オーディエンスの趣向や流行に寄せることが一般的だ。宇多田ヒカルや星野源、米津玄師のように高い音楽性を備えながら人気を勝ち得たアーティストもいるが、それはどちらかといえば少数派。高次元で生み出されるアートを理解するには、多くの場合、オーディエンスの側にそれを理解するための素養が求められる。

「クオリティファースト、クリエイティブファースト、アーティシズムファースト」を掲げるBE:FIRSTがさまざまな面で結果を出せていることは、本来であればわかりづらい“かっこいい”ということを、ダンス&ボーカルのパフォーマンスを通せばマスに訴えることができる、という事実にほかならない。

『THE FIRST』を愛するすべての人の“光”に

また、日本に根差したリエイティブも大きな特徴だ。昨今のボーイズグループといえば、海外を拠点に活動しているクリエイターから楽曲提供を受けるケースも少なくないが、BE:FIRSTはSKY-HIを筆頭に、☆Taku Takahashi、Matt Cab、MATZ、Ryosuke “Dr.R” Sakaiといったクリエイターと共に制作。コレオグラフ(振り付け)もs**t kingz(シットキングス)のNOPPOやMaho Udoなど、日本にゆかりがあるクリエイターが担当している。

BE:FIRST / Gifted. -Music Video-

つまり、BE:FIRSTが世界で活躍するということは、そういったクリエイターたちが世界に知られることにもつながるのだ。SKY-HIの楽曲「Dystopia」には<US, UK, モノマネなら御免被るわ/世界どこと比べても力の落ちた音楽家>なんて歌詞があるが、BE:FIRSTを通して日本のクリエイターの実力を世界に伝えていく意思もあるのだろう。つまりBE:FIRSTが活躍することは、日本の音楽業界の刷新につながるのである。

社会現象を巻き起こし、多くの人の記憶に残るオーディションとなった『THE FIRST』。BE:FIRSTのスタート地点として、また、伝説の始まりとして歴史に刻まれていくことだろう。オーディション参加者の光として、音楽業界の光として、そして『THE FIRST』を愛するすべての人の光として。

【THE FIRST FINAL】ボーイズグループオーディション「THE FIRST」を締め括るフィナーレとなるライブ!

『THE FIRST FINAL』を徹底レポート!


この記事の画像(全122枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太