『アンという名の少女』シーズン2<最終話>アンとギルバートの関係が揺れ動く!怒涛のシーズン3へ

Netflixシリーズ『アンという名の少女』シーズン1~3独占配信中

文=米光一成 編集=アライユキコ


Netflix配信中の『アンという名の少女』は、原作『赤毛のアン』に現代的解釈を大胆に加えた作品。『はぁって言うゲーム』の作者でライターの米光一成によるシーズン2の各話レビュー最終回。今週からシーズン3に突入します。

【関連】賛否両論を巻き起こしたNetflix『アンという名の少女』シーズン2はどうなる?

『アンという名の少女』全話レビュー・あらすじまとめ/記事一覧


シーズン3を観る上で

『アンという名の少女』シーズン2第10話(最終回)「この世界に増大する善」、そしてつづけてシーズン3がNHKで放送開始。
「つづく!」的なクリフハンガー要素がなく、ちゃんと終わっているのがシーズン2だ。
シーズン3は、「えええ、ここで終わり!? カクウェットちゃんは!?」ってクリフハンガーで「つづく!」のだ。カクウェットちゃんというのは、先住民のミクマク族の少女。シーズン3の第1話で、アンと仲よくなるシーズン3の重要登場人物。

原作にはまったく出てこないキャラクターで、ドラマオリジナルの大きなうねりとなるパートだ。
先住民族との関係をハードに描く部分は、シーズン3のラストでも解決しない。
しかも、『アンという名の少女』はシーズン3で、NetflixとCBCはシリーズ打ち切りを発表している。シーズン4制作の嘆願運動が起こっているが制作される気配はない。

『赤毛のアン』L.M.モンゴメリ 著、松本侑子 訳/文藝春秋。詳細な注釈がついた新訳版
『赤毛のアン』L.M.モンゴメリ 著/松本侑子 訳/文藝春秋。詳細な注釈がついた新訳版

コールはジョセフィンさんの家へ


この記事の画像(全20枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

米光一成

Written by

米光一成

米光一成 (よねみつかずなり)ゲーム作家/ライター/デジタルハリウッド大学教授/日本翻訳大賞運営/東京マッハメンバー。代表作は『ぷよぷよ』『はぁって言うゲーム』『BAROQUE』『はっけよいとネコ』『記憶交換ノ儀式』等、デジタルゲーム、アナログゲームなど幅広くデザインする。池袋コミュニティ・カレッジ..