俳優・滝藤賢一のスタイルブックが発売、即重版!?今、時代に求められている“遊び心”

2021.10.24


ファッションから見えてくる人間性

さて、本書のページをパラパラめくっていると、まずひと言「どんだけ服持ってんだ!」と、ツッコミを入れないわけにはいかない。滝藤の所有する服の数はおびただしい。「“173日間”も撮っているのだから、そう見えるだけでは?」と思われるかもしれないが、そこはもちろんスタイルブックなのだから、すべてのスタイルは異なる。

(c)山田智絵/主婦と生活社
(c)山田智絵/主婦と生活社
休日を楽しむスタイルも多種多様 (c)山田智絵/主婦と生活社

とはいえ彼のコーディネートは、「少ないアイテムをうまく着回そう!」というスタンスではない。「好きなアイテムを好きなように着よう!」なのである。ぱっと見しただけでは違いがわからないような似たアイテムだってあるが、着るのは滝藤自身だ。いくら似たものであっても、身につけた際の肌触りや、着心地はまったく違うはず。ここにファッションの醍醐味がある。

モノを多く持つことが必ずしも生活や心の豊かさにつながるとは思わないが、選択肢が多ければ多いほど、豊かさを得られる可能性は広がるに違いない。それぞれのスナップの中で、時に無邪気に笑い、時にビシッとキメ、また時にはおどけてみせる滝藤を見ていると、このことがよく伝わってくる。“173日間”の彼は、とても豊かなのだ。

彼の変幻自在の演技を可能とするその原点は、この「豊かさ」にあるのかもしれない。

それに、滝藤の各スタイルに合わせたコラムを読んでいると、アイテムのどれもが彼にとってかけがえのないものなのだということがわかる。家族とのつながりを示すものや、先輩から譲ってもらったもの、共演者からのプレゼントに、若手時代に背伸びして手に入れたもの──。滝藤にとって、一つひとつのアイテムが重要な意味を持っており、現在の彼を構成しているのだ。

“家族をつなげる”という意味が込められた特注の指輪 (c)山田智絵/主婦と生活社

タイトルのとおり「服と(滝藤)賢一」は、切り離せない関係にあることが本書を読んでいるとわかってくる。

“いかに今を楽しむか”


この記事の画像(全19枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

折田侑駿

(おりた・ゆうしゅん)文筆家。1990年生まれ。主な守備範囲は、映画、演劇、俳優、文学、服飾、酒場など。映画の劇場パンフレットなどに多数寄稿。映画トーク番組『活弁シネマ倶楽部』ではMCを務めている。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太