『ヴィンチェンツォ』名シーンだらけの17話、こんなの泣くに決まってる!ソン・ジュンギの泣きの演技の見事さ

2021.8.7


大物政治家役といえばこの人!

駆け引きはつづく。ウサン法律事務所のハン代表(チョ・ハンチョル)は政治家秘書のキム・ソグ(ユ・テウン)に働きかけ、大統領候補の政治家、パク・スンジュン(イ・ギョンヨン)との面会にこぎつける。

ギロチン・ファイルによると、パクもバベルグループから恩恵を受けており、IUDC(革新都市開発公団)を通じて値上がりするバベル・タワーの周辺の土地を購入していた。なお、今年3月には韓国の土地住宅公社の職員らが、事前に得た内部情報をもとに値上がりしそうな土地を購入していたという疑惑が実際に発生。前自治体主張や議員などを含めた34人が逮捕され、529人が書類送検、公社の幹部は自殺し、所管する大臣は辞任した。よくできたフィクションは現実とリンクしている。

キム秘書を演じたユ・テウンは“90年代の青春スター”の名をほしいままにした俳優。政治家役のイ・ギョンヨンは“大物政治家役、ラスボス役ならこの人!”という大物実力派俳優。いかにもなキャスティングに思わず笑ってしまった韓国ドラマファンも少なくなかったとか。

一方、ヴィンチェンツォの仕掛けも冴えていた。ギロチン・ファイルをエサにアンくんの上司、対外安保情報院局長のテ・ジョング(クォン・テウォン)をバベルグループに潜り込ませていたのだ! あの人のよさそうな局長が悪に染まってなくてよかった……。局長が「キム・ヒウォン、パク・ジェボム」と首をかっ切るポーズは楽屋オチ。キム・ヒウォンは監督で、パク・ジェボムは脚本家。

局長はキム秘書に働きかけ、ハンソクにヴィンチェンツォに手を出さないように牽制。さらにハン代表からの働きかけもあり、ハンソクに会長から降格するよう勧告する。手足をひとつずつもがれていくハンソク。チェックメイトはもうすぐのようだが……。チェスといえば、ヴィンチェンツォが暖薬寺の「僧侶」たちをどう使うかも伏線になっている。

裏切りのハンソ

アイスホッケーをするヴィンチェンツォとバベルグループ副会長のチャン・ハンソ(クァク・ドンヨン)。彼はヴィンチェンツォと通じていたのだ。情報を流す代わりに「俺は殺さないよな」と聞くあたりは小物っぽくて憎めない。ヴィンチェンツォにぶつかったところを抱きしめられると、なぜかムーディーな音楽が流れる。え、こ、恋?

地検長の座を手に入れたハン代表の企みで、インターポールがヴィンチェンツォを逮捕するために韓国へやってきた。バベルグループの会長就任を確約されたハンソがヴィンチェンツォをスケートリンクに呼び出し、拳銃を向ける。裏切りだ。しかし、百戦錬磨のヴィンチェンツォもハンソに銃を向けていた。

そこへインターポールと韓国警察が突入し、ふたりを包囲する。またこの構図だ。しかし、今回は違う。ハンソがヴィンチェンツォを撃ち抜いたのだ! 鮮血と共にスケートリンクに倒れるヴィンチェンツォ。この出血量は尋常じゃない。まわりには警察官たちもいる。ヴィンチェンツォはどうやって助かるのか? 次回が待てない! デデン!

/Netflixオリジナルシリーズ『ヴィンチェンツォ』独占配信中
なんだかんだで憎めないハンソが!?/Netflixオリジナルシリーズ『ヴィンチェンツォ』独占配信中
『ヴィンチェンツォ』予告編 - Netflix

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全48枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • ヴィンチェンツォTOP

    『ヴィンチェンツォ』

    出演:ソン・ジュンギ、チョン・ヨビン、テギョン
    原作・制作:キム・ヒウォン、パク・ジェボム

    関連リンク


大山くまお

Written by

大山くまお

1972年生まれ。名古屋出身、中日ドラゴンズファン。『エキレビ!』などでドラマレビューを執筆する。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太