『ヴィンチェンツォ』名シーンだらけの17話、こんなの泣くに決まってる!ソン・ジュンギの泣きの演技の見事さ

2021.8.7


「僕たちはカサノ・ファミリーです」

クムガ・プラザの人たちが、自分たちの店を一斉に休んでヴィンチェンツォを待ち受ける。黙ってハグするヨンホ食堂のクァク・ヒス(イ・ハンナ)。ハグを素直に受け入れるヴィンチェンツォ。彼女は言う。

「私たちは、弱者だと思ってたけど、違ったの。闘う気がなかっただけよ。今後は強気でいくわ。一緒に闘わせて」

“弱者の反撃”と“民衆の強さ”はこのドラマの大きなテーマのひとつ。アンくんは「弁護士さん、僕たちはカサノ・ファミリーです」と高らかに宣言する。偽パク・セロイのチョン・スナム(イ・ダル)がアンくんの肩に手を置くところがいい。

ヴィンチェンツォは事務長(ユン・ビョンヒ)にカードを託して黒スーツを買いそろえさせる。『愛の不時着』で決戦に赴く第5中隊の面々がスーツでビシッと決めたシーンを思い出したよ。グータッチするホンシク社長(チェ・ドムクン)と“クムガ洞のヌートリア”ことパク・ソクド(キム・ヨンウン)もたまらなくカッコいい。彼らはバベル・タワーのパーティー乗っ取りでも活躍する。まさにカサノ・ファミリーであり、ヴィンチェンツォの兵隊だ。

彼らがクムガ・プラザの前を全員一列になって歩くシーンは、全20話の中でも屈指の名シーン。物語上は必要じゃないかもしれないが、こういうケレン味たっぷりのショットを撮ることができるのが今の韓国ドラマの強みだろう。

Netflixオリジナルシリーズ『ヴィンチェンツォ』独占配信中
全20話の中でも屈指の名シーン/Netflixオリジナルシリーズ『ヴィンチェンツォ』独占配信中
Netflixオリジナルシリーズ『ヴィンチェンツォ』独占配信中
最高/Netflixオリジナルシリーズ『ヴィンチェンツォ』独占配信中

敗北は恐怖と共に始まる

「お前とチェスをする。お前の駒をひとつずつ消し、最後はお前ひとりが残る。怖くて恥ずかしいだろ」

ヴィンチェンツォはハンソクに電話をかけ、チェスのように王様を丸腰にしてやると宣言。イタリア語で「敗北は恐怖と共に始まる」と囁く。

手始めは、バベル・タワーの分譲権を地元の有力者に配るパーティーだ。欲に目がくらんだ区長をはじめとする権力者たちの恥知らずぶりは醜くて仕方がないが、きっと現実もこれに近いのだろう。「人間は欲に弱い。欲に勝つのはさらに大きな欲だけだ」というヴィンチェンツォの言葉どおりだ。

ヴィンチェンツォは彼らを会場に閉じ込め、“猟犬”のイ・ファンギュ(イ・ドグク)を突入させる。彼の腰と大きなケーキの中には爆弾が仕掛けてあった。誓約書を破棄し、ハンソクと縁を切ることを誓えば、爆弾の時限装置が止まるのだという。実はヴィンチェンツォの仕掛けで、“猟犬”たちはこのミッションが終われば大金を得て国外に逃亡する手はずだったが……。ヴィンチェンツォはリモートでファンギュの腰の爆弾を爆破! 壁に吹っ飛んで絶命する。

もともと猟犬はホン・ユチャン(ユ・ジェミョン)を殺すために暗躍したチェ・ミョンヒの手駒だった。結局、パニックになった区長たちから絶縁の証言を引き出し、バベル・タワーの許認可を無効にすることにも成功する。なお、もうひとりの“猟犬”ピョ・ヒョクピル(キム・テフン)はミョンヒの部下たちに惨殺された。彼らは報いを受けたわけだが、ならばミョンヒはどのような報いを受けるのだろうか?

大物政治家役といえばこの人!

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全48枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

大山くまお

Written by

大山くまお

1972年生まれ。名古屋出身、中日ドラゴンズファン。『エキレビ!』などでドラマレビューを執筆する。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太