『ヴィンチェンツォ』14話。それはそれは美しいキスシーンの神回

2021.7.17
Netflixオリジナルシリーズ『ヴィンチェンツォ』独占配信中

文=大山くまお 編集=アライユキコ 


『愛の不時着』と同じ「スタジオドラゴン」制作の大人気ドラマ『ヴィンチェンツォ』を韓ドラ大好きライター・大山くまおが解説、鑑賞をガイドする土曜日。今週は14話、あの美しいシーンがいよいよ!(14話までのネタバレを含みます)。

【関連】『ヴィンチェンツォ』1話から徹底解説スタート『愛の不時着』以来の「沼」に首まで浸かれ、エ・ミーオ!

「俺はクズ中のクズだ」

アクション、ロマンス、コメディ、『ヴィンチェンツォ』にはみんなある──。

大人気韓国ドラマ『ヴィンチェンツォ』を1話ずつ振り返る。今週は第14話。放送時は視聴者の絶叫が響き渡り、「神回」の賛辞がSNSにあふれ返ったエピソードだ。なぜかといえば、ヴィンチェンツォ・カサノ(ソン・ジュンギ)とホン・チャヨン(チョン・ヨビン)の、それはそれは美しいキスシーンがあったから。女性なら「スウィーティー」とあの声で囁かれたくなるに決まっている、第14話をプレイバック。

韓国の悪辣な大企業、バベルグループの若き総帥、チャン・ハンソク(オク・テギョン)に公衆の門前で大量の豚の血を浴びせるという挑発行為を成功させたヴィンチェンツォ&チャヨン。大胆不敵過ぎる!

騒動のあと、一堂に会するヴィンチェンツォ、チャヨン、ハンソク、義弟のハンソ(クァク・ドンヨン)、悪徳弁護士のチェ・ミョンヒ(キム・ヨジン)、ウサン法律事務所のハン代表(チョ・ハンチョル)、南東部地検のチョン検事(コ・サンホ)。不敵な表情だったり、おびえていたり、何を考えているかわからなかったりと、それぞれの表情が見どころ。

怒りを噛み殺していて微笑みの仮面を被っていたハンソクだが、労働組合長をひき殺した男の音声を提出されると、たまらず「イタリア・マフィアのクズ。お前が正義ぶるのは笑える」と吐き捨てる。しかし、ヴィンチェンツォはまったく動じない。

「何が正義だよ。俺はクズの中のクズだ。俺より悪臭を放つクズは、許せない」

このセリフがシリーズ終盤の展開への伏線となっている。

ペーパー・カンパニーの謎を追え


この記事が掲載されているカテゴリ

この記事の画像(全38枚)


大山くまお

ARTICLE LIST

大山くまおさんの関連記事一覧

大山くまおさんの
新着・人気記事をお知らせします。