『ヴィンチェンツォ』14話。それはそれは美しいキスシーンの神回

2021.7.17
Netflixオリジナルシリーズ『ヴィンチェンツォ』独占配信中

文=大山くまお 編集=アライユキコ 


『愛の不時着』と同じ「スタジオドラゴン」制作の大人気ドラマ『ヴィンチェンツォ』を韓ドラ大好きライター・大山くまおが解説、鑑賞をガイドする土曜日。今週は14話、あの美しいシーンがいよいよ!(14話までのネタバレを含みます)。

【関連】『ヴィンチェンツォ』1話から徹底解説スタート『愛の不時着』以来の「沼」に首まで浸かれ、エ・ミーオ!


「俺はクズ中のクズだ」

アクション、ロマンス、コメディ、『ヴィンチェンツォ』にはみんなある──。

大人気韓国ドラマ『ヴィンチェンツォ』を1話ずつ振り返る。今週は第14話。放送時は視聴者の絶叫が響き渡り、「神回」の賛辞がSNSにあふれ返ったエピソードだ。なぜかといえば、ヴィンチェンツォ・カサノ(ソン・ジュンギ)とホン・チャヨン(チョン・ヨビン)の、それはそれは美しいキスシーンがあったから。女性なら「スウィーティー」とあの声で囁かれたくなるに決まっている、第14話をプレイバック。

韓国の悪辣な大企業、バベルグループの若き総帥、チャン・ハンソク(オク・テギョン)に公衆の門前で大量の豚の血を浴びせるという挑発行為を成功させたヴィンチェンツォ&チャヨン。大胆不敵過ぎる!

騒動のあと、一堂に会するヴィンチェンツォ、チャヨン、ハンソク、義弟のハンソ(クァク・ドンヨン)、悪徳弁護士のチェ・ミョンヒ(キム・ヨジン)、ウサン法律事務所のハン代表(チョ・ハンチョル)、南東部地検のチョン検事(コ・サンホ)。不敵な表情だったり、おびえていたり、何を考えているかわからなかったりと、それぞれの表情が見どころ。

怒りを噛み殺していて微笑みの仮面を被っていたハンソクだが、労働組合長をひき殺した男の音声を提出されると、たまらず「イタリア・マフィアのクズ。お前が正義ぶるのは笑える」と吐き捨てる。しかし、ヴィンチェンツォはまったく動じない。

「何が正義だよ。俺はクズの中のクズだ。俺より悪臭を放つクズは、許せない」

このセリフがシリーズ終盤の展開への伏線となっている。

ペーパー・カンパニーの謎を追え

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全38枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

大山くまお

Written by

大山くまお

1972年生まれ。名古屋出身、中日ドラゴンズファン。『エキレビ!』などでドラマレビューを執筆する。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太