松本人志の新作コント2本の凄さを考察『キングオブコントの会』が最高だった!優勝特典に「松ちゃんとコントできる権」を提案



タモリを匂わせてもいた「お昼の生放送」

ついつい松ちゃんのコントに筆を割いてしまったが、歴代チャンピオン&ファイナリストのコントがおもしろくないわけがない。バナナマン&さまぁ~ずの“レジェンド””2組との化学反応も素晴らしかった。

ハナコ作「舞台監督」では三村のつっこみが炸裂し、シソンヌ作「キャンプ」では大竹の哀愁が空気を作る。バイきんぐ作「壁」では日村の顔と体型が最大限に活かされ、東京03作「クイズ番組」では設楽と角田の丁々発止のやりとりがたまらない(「おめでとう」で業者が忘れてきた”ジャイアントのハンマー”がここで出たと思った)。

2組が共演したロッチ作「仁義なきマジシャン」では、最終的に『でんじろうのTHE実験』のような装置で体に電流を流され、おじさんたちが床に転がり回った。厳密にはコントではないかもしれないが、現実と虚構が入り乱れ、コント衣装で本気のリアクションを取るくだりは、かつてのコント番組でもよく見られた光景でもある。

そして圧巻だったのは、ロバート作「お昼の生放送」。ロバートに加え11名が参加し、『笑っていいとも!特大号』のような「曜日レギュラー全員集合スペシャル」を演じるのだ。秋山演じるMCがレギュラー陣をいじりまくり、コーナーを無視して「誰が前どこの曜日だったか」で延々と立ち話をつづけてしまう。BGMにうっすらと『ブラタモリ』の使用楽曲が流れており、タモリを匂わせてもいた。

ロバートの立ち回りはもちろん、客演のコント師たちが「職業」「以前出演していた曜日」「所属事務所」「先輩後輩」などをしっかり把握しているからこそ、知らない人たちの雑談がずっとつづく。本編では13分ものコントになったが、現場では27分もカメラを回していたそう。いつか完全版をParaviに上げてほしい。

また、浜田雅功の不在についても触れておきたい。『キングオブコントの会』ではあるが、今回『キングオブコント』MCの浜田雅功の参加はなかった。ダウンタウンは昨年の『お笑いの日2020』オープニングでちょっとだけセンターマイクの前に立ったのだが、コントでの共演はおあずけ。

その代わり、ブリッジコントでは“浜田いじリ”がつづいた。「面会」では、スカジャンを着たマネキンにさらば青春の光・森田が「なんで『プレバト!!』で賭博なんかやったんですか」と語りかける。「浜田の楽屋」では、ロバート秋山演じる清掃員が台本の書き込みを見つけ、「結果発表」の音階が「ファ・ファ・ファ・ラ」であることを知る。

後輩のいじりに寛容なダウンタウンの姿は、『水曜日のダウンタウン』でもおなじみ。後輩たちの手によって、浜田の不在は逆に存在感を増すのだった……と思いきや、なんと本放送では出前館のCMが流れ、浜ちゃんが「♪出前がスイスイスイ~」と歌って踊るではないか。もはやこれもコントなのではと錯覚した。

KOC優勝特典に「松本人志とコントできる権」を

昨年から今年にかけて、コント番組の復興が目覚ましい。思いつくだけでも『新しいカギ』『ただ今、コント中。』(フジ)、『東京 BABY BOYS 9』『お助け!コントット』(テレ朝)、『笑う心臓』『やばいハートマーク』(日テレ)など、各局でコントが作られている状況だ。NHKの『LIFE!』も順調にシーズンを重ねている。

その中で、『キングオブコント』を手がけるTBSがコント番組をやるなら、と考えれば『キングオブコントの会』はまさに最強で最適な布陣だろう。ジャルジャル、かもめんたる、バッファロー吾郎、キングオブコメディ(解散)など、まだ登場していないチャンピオンもいることだし、今後もぜひつづけてほしい。

だって、『キングオブコント』の優勝特典が「松本人志とコントができる権」だったら、最高なんじゃないかと思うのだ。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全2枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ



井上マサキ

Written by

井上マサキ

(いのうえ・まさき)1975年宮城県生まれ。ライター、路線図マニア。大学卒業後、システムエンジニアとして15年勤務し、2015年よりライターに転身。共著に『たのしい路線図』(グラフィック社)、『日本の路線図』(三才ブックス)、『桃太郎のきびだんごは経費で落ちるのか? 日本の昔話で身につく税の基本』(..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太