番組の真骨頂を見せた『勇者ああああ』地獄のオンラインイベントレポート

2021.5.10


芸人並みの326のポテンシャル

興奮冷めやらぬなか、つづく企画は元19のメンバーでイラストレーターの326による「おもしろゲーム実況」。『勇者ああああ』でそのキャラクターが覚醒したと言っても過言ではない326だが、平子のAVの冒頭インタビュー並みの質問攻めにより、なぜかまったく関係ない19の解散秘話も飛び出すなどその化物ぶりはなおも健在。そんな326が挑戦するのは、『Fall Guys: Ultimate Knockout』。最大60人のプレイヤーがオンライン上でゴールを目指して障害物コースをひた走る実況プレイにはうってつけのゲームなのだが、止まらない326の暴走により5人のフラストレーションは爆発寸前。

最初こそ326のグダグダ過ぎるプレイに「マジめんどくせぇ!」「テメェ何やってんだよ!」「早く行けや!」「壁にぶつかるゲームじゃねぇんだよ!」「こっち見んな!」とボッコボコに殴りまくるも、プレッシャーに慣れたのか326が徐々にノッていき、いいプレイを見せると「いいよいいよ!」「めっちゃ見れるぞ!」「行ける行ける!」「まだまだまだまだ!」「マジでいい!」と応援モードに。結果こそ振るわなかったものの、謎の団結が生まれた友情企画となった。最初こそ326に懐疑的だったオズワルドも「本当に疑問なんですけど、なんであの人に芸人ぐらい求めるんですか?」「すごいよくやってますよ正直」と326のポテンシャルの高さを讃えた。

虚無感と謎の中毒性だけが残る地獄の番組

ラストは人気企画「ゲーマーの異常な愛情」のR-18版。ひとり目のプレゼンターはリップグリップの岩永圭吾。高学歴芸人としても知られる岩永だが、高学歴がゆえの反動か「学生時代はやることが勉強とオナニーしかなかった」「AV、エロ漫画、エロゲーを語るトークライブをやっている」と言い切るほどエロに精通しているという。自身の珍棒にもかなりの自信があるようで「ヘソに届くからヘソニーができる」とドヤっていたのだが、オズワルド伊藤俊介が実際に確認したところ「なるほど……緊張で小さくなってます」とのこと。この企画に対する覚悟が窺える。ほかにも「ゴルフ」「M-1」などランダムなワードをもらいそれに適したAVを紹介するという人知を超えた特技を披露。豊富な知識と望月あやかへの愛で出演者たちを唸らせた。つづく本題でも「エロゲーだからこそできた真のゲーマーへの挑戦状」と題しエロゲー界でも屈指の超大作『ランス10』を紹介した。

ふたり目のプレゼンターは登場するたび視聴者をざわつかせていた芸人界でも指折りのエロゲーオタク、元やさしい雨の松崎克俊。登場から「地上波を離れた今だからこそできるプレゼン」と豪語し圧倒的な熱量で滾る松崎。つづけざまに「ファイナルアクメセレクト」という謎の単語を発し、「あとでプレゼンに登場する」と伏線をも張り巡らせる策士ぶりを見せた。そんな松崎が紹介するソフトは「時代じゃなさ過ぎる」と平子を呆れさせた『牝教師4』。「幾度ものバージョンアップを経て辿り着いた濃厚な迸り」と言うようにシリーズごとにいい意味でも悪い意味でもユーザーを裏切りつづけるその姿勢は松崎曰く『MOTHER』『ドラクエ』。前述の「ファイナル~」も見事に回収し、「熱量だけ見れば東進のCMに差し込んでもバレない(伊藤)」と言わしめた。その勢いは留まることを知らず、つづけざまに『裏教師』『教育指導』という2本のゲームを紹介し圧巻のプレゼンを披露した。

番組は息をもつかせぬまま、あっという間にエンディング。終わってみると心に残ったワードが、ですよ。が放った「ヤリマン好きっす」というカミングアウトだった。「これに2000円を払った」という言い知れぬ虚無感と「また観たい」という謎の中毒性だけが残るまさに地獄の番組。だが、我々P1層はこれを求めていたのだ。生きる屍リビングデッドのように永遠に生き残ってほしい番組だと改めて願った。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

かんそう

1989年生まれ。ブログ「kansou」でお笑い、音楽、ドラマなど様々な「感想」を書いている。

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。