『呪術廻戦』2巻がカマしてきた!ストーリーがぶっ壊れないか心配「パンダをパンダで済ませるつもりか」

呪術廻戦2

文=さわだ 編集=アライユキコ 


『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中のマンガ『呪術廻戦』(作・芥見下々)2巻のキーワードは“カマし”だ。大人気作品の映画公開(今年の冬らしい)を待ちながら、『ジャンプ』大好きライター・さわだが、1巻から隔週で読み直していきます。『アメトーーク!』(テレビ朝日)「マンガ大好き芸人」(4/16放送)でも大人気でしたね。

【関連】『呪術廻戦』映画を待ちながら1巻から読み直す「第1話から傑作」感がないのが逆にすごい


「最強」五条悟!

『呪術廻戦』第2巻は、ストーリーがぶっ壊れないか心配させてくる。

ストーリーを構築したのが1巻なら、2巻がしたのは“カマし”だと思う。僕がこの記事で使う“カマし”は、「あと先の調整は難しいけど、とりあえずでっかいインパクトを与える」という意味だ。

いや、『呪術廻戦』は1巻からだいぶカマしたマンガだとは思うけど、それにしても2巻は激しい。細やかな伏線、綿密に練られた裏設定、というよりは、読者の「これからどうすんの!? ストーリーぶっ壊れないか心配なんだけど!?」という感情を揺さぶってきている。

「大丈夫、僕最強だから」

『NARUTO』のカカシ、『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』のパパスなど、序盤から場違いなほどに強いキャラクターの登場は王道パターンではあるが、五条悟ほど明確に「最強」なキャラは珍しい。

インフレし過ぎじゃねーか!?

五条は、主人公・虎杖悠仁(いたどり・ゆうじ)が通う東京都立呪術高等専門学校の教師。上記のセリフは、1巻で虎杖が自身の中に巣食う呪い・両面宿儺(りょうめんすくな)と入れ替わる際に、五条が言ったモノ。事実、五条の能力は「自分と他者の間に無限を作る」であり、特殊能力系漫画史上でもなかなかお目にかかれないスペシャルな能力だ。

「僕最強だから」は、虎杖を安心させるための「すごく強いから大丈夫」という意味ではなく、「この世界(マンガ)で1番強い」という情報を発しただけのような言い方だった。虎杖はもちろん、読者にも向けられたセリフではあるが、作者の芥見下々にとっても定義づけのような意味があったのではないだろうか。五条がテッペンで、その他がどう動くかの物語。そう宣言したとも受け取れる。

そんな“最強”五条悟が、2巻で早くも本格的なバトルシーンを披露する。しかも相手は、虎杖を圧倒した特級呪霊を子供扱いした両面宿儺(このときは呪力が10分の1程度と見られる)の数倍強いとされる漏瑚(じょうご)。まぁつまり、虎杖目線で超格上の超格上の超格上といったところだ。

しかし五条は、そんな漏瑚との一戦を虎杖の授業の一環にしてしまう。自らの能力の説明や領域展開など、バトルのルール説明に使ったのだ。ただ強さを提示するだけでなく、最強としての余裕まで見せる。虎杖という読者にとっての“基準”を大幅に飛び越えるバトルを展開して、「インフレし過ぎじゃねーか!?」と心配に近いレベルのインパクトを作り上げたのだ。これはだいぶ“カマし”てる。

『劇場版 呪術廻戦 0』解禁映像

語彙がオニギリの具しかない呪言師

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全3枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

さわだ

Written by

さわだ

1983年生まれ。ライター、動画企画、動画編集など。柏の近くに引っ越しただけで柏レイソルのファンになれた。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太