『呪術廻戦』2巻がカマしてきた!ストーリーがぶっ壊れないか心配「パンダをパンダで済ませるつもりか」



語彙がオニギリの具しかない呪言師

2巻で初登場した呪術高専の先輩たちもかなりカマしてる。虎杖、伏黒恵(ふしぐろ・めぐみ)、釘崎野薔薇(くぎさき・のばら)の先輩なのだからどれだけすごい奴らなのかと思ったら、出てきたのはパンダと、語彙がオニギリの具しかない呪言師・狗巻棘(いぬまき・とげ)だった。

『呪術廻戦』<2巻>芥見下々/集英社(8〜16話)
『呪術廻戦』<2巻>芥見下々/集英社(8〜16話)

オニギリの具しかしゃべれないってどういうこと? 疑問は一切解決されないまま、シーンは切り替わってしまう。まぁ狗巻に関しては、「思いっきりぶっ飛んだキャラクター」ということでなんとか飲み込めるが、パンダに関してはまるで意味がわからない。

本当にパンダなのか、パンダの着ぐるみを着た人間なのか、着ぐるみが意思を持って動いているのか、それともパンダそっくりに見える人間なのか。「~だパン!」などと変な言葉遣いをしてくれたらギリ理解できるが、「スマンな 喪中に」と常識人的な気遣いを見せたり、なんならツッコミ役感すら漂わせている。

野薔薇が「パンダをパンダで済ませるつもりか」と疑問をこぼしているが、本当にそのとおりでこのままスルーできるわけがない。なのにちゃんとは触れずに、ストーリーはどんどん展開していく。強さのインフレだけでなく、キャラ設定の振れ幅についても、本当に2巻はカマしてきた巻だ。

どんな女がタイプだ

強いインパクトを残しまくった2巻だったが、パンダにしてもオニギリ先輩にしても、あとにキッチリと納得のいく回収を見せるシーンがある。カマすだけカマして放っておくマンガは意外とあるが、こういうところでまじめに取り組んでくれると、『呪術廻戦』への信用につながる。

インパクトがあればあるほど、ちゃんと畳めるのか心配になるのが読者心理。そういう意味では、これからどれだけカマしてきたとしても、結末を信じて待てるのは、読者として本当にありがたいことだ。“最強”五条悟をどうするの? そういう楽しみを持てる巻でもあった。

「どんな女がタイプだ 因みに俺は 身長(タッパ)と尻(ケツ)が デカイ女がタイプです」

ちなみに2巻のラストは、呪術高専京都校の3年・東堂葵のこのセリフがラスト。ブチギレ寸前、今にも襲いかかってきそうな東堂の口から出た状況とミスマッチな言葉と、最後の「です」の丁寧さがたまらない。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全3枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ



さわだ

Written by

さわだ

1983年生まれ。ライター、動画企画、動画編集など。柏の近くに引っ越しただけで柏レイソルのファンになれた。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太