“映画館で観る”ということの意味──濱口竜介&三宅唱が語る<ミニシアターの未来>

2021.2.8


映画の中に“テクスチャ”を発見することで開かれる世界

濱口 この3人で勉強会をやっているときに“テクスチャ”というワードが出たんです、ものの“キメ”というか。今まで映画を観るときにはじゅうぶんに感じることのできなかった、ものの“キメ”に対して感覚が伸びていく感じ、誘(いざな)われる感じが『ミツバチのささやき』にはあるんですよね。

本作が持つ独特な魅力を、そう言葉にする濱口監督。クローズアップで撮られたアナや子供たちの表情、あるいは引きで撮られたときの固定されたフレームの中に見える時間の“キメ”といった微細な要素が、「世界の触れ方を教えてくれている」という。

濱口 「誘われている感覚」というのは、劇中でアナのお父さんが、アナやイサベルにやっていたことともすごく似ているんですよね。あのお父さんは、毒キノコの見分け方を子供たちに教えますよね。模様がこうなっていたら毒キノコだから触っちゃダメとか。それって、世界の触れ方を教えてるんだと思うんです。テクスチャやキメのようなものを感じることで、世界をより感受できるように、父が娘を誘っている。この映画自体にも、そういう側面があると思います。

三浦哲哉(みうら・てつや)1976年、福島県出身。青山学院大学文学部比較芸術学科准教授。映画研究者。著書に『映画とは何か フランス映画思想史』(筑摩書房、2014年)、『『ハッピーアワー』論』(羽鳥書店、2018年)。『LAフード・ダイアリー』(講談社)を2021年2月24日に刊行予定

三浦 そこがこの作品のポイントだと思います。画面に映っているものを通して、今はもうないけどかつて存在していたものについて、ずっと想像しつづけることを強いる映画というか。それがエリセの映画の独特の心地のよさや心が開かれていく側面でもある。モノが魅力的ですよね。テーブルの上にかかっている布の質感とか。一つひとつの小物が1940年を舞台にしたこの映画に即した古さで、私たちはそれを観て過去を想像することができる。

三宅 家でブルーレイで観ても感動しなかったけど、映画館というこの箱の中で観るとゾクゾクする場面がすごくありますよね。終盤の、スクリーンの中を揺れ動く水と顔とか、ああいう“テクスチャによって感覚が誘われる”シーンがあって、それは映画館だからこそより感受できると思う。

“沈黙”は映画館じゃないと味わえない

『ミツバチのささやき』は言葉が少ないぶん“アナの目”という視覚的な要素によって語られるものが多いが、それに加えて濱口監督は「聴覚によって想起させられるものも多い」と話す。

濱口 眼差しやささやき、ある対象に辿り着くためにアナが走り出したりするところに、アナが全身で外の世界を感じ取ろうとする様があって、そこにずっと(世界の触れ方を)教えられる感じがある。こういうことが映画にはできるから、映画館に来てみようかしらとずっと思ってきたような気がします。

三浦 これはエリセではなくロベール・ブレッソンっていう映画監督が言ったことですけど、「トーキーは沈黙を発明した」と。家でブルーレイを観ていると、まわりがうるさいのでなかなか沈黙とか音に耳を澄ましづらい。今日の映画の邦題には“ささやき”という言葉がありますが、この、遠くの何かが耳元に届くのをじっと待つという感覚は、映画館でこそようやくわかるものだと思います。

三宅唱監督作/「きみの鳥はうたえる」 予告編

“映画の観方”とは?


この記事の画像(全12枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

原航平

Written by

原 航平

(はら・こうへい)ライター/編集者。1995年生まれ、兵庫県出身。映画好き。『リアルサウンド』『クイック・ジャパン』『キネマ旬報』『芸人雑誌』『メンズノンノ』などで、映画やドラマ、お笑いの記事を執筆。 縞馬は青い

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太