ういろうプリンを忘れない。関東最高漫才師の決意に『M-1』の希望と残酷を見る。「もし決勝行ってたら辞めなかった?」

2021.2.4
ういろうプリンサムネ

イラストと文=まつもとりえこ 編集=アライユキコ


ういろうプリン解散。お笑いライブシーンに衝撃が走った。メイプル超合金・安藤なつ、パーパーほしのディスコを始め、解散を惜しむ数え切れないツイートが流れつづけた1月19日。1月29日のラストステージ『激漫』をレポしながら、お笑いを愛するイラストレーター&ライターのまつもとりえこが関東最高漫才師の軌跡を刻む。


毎年『M-1』行くんじゃないかって

ういろうプリン。東京のお笑いライブシーンで一目置かれる存在の漫才師だ。だった、と言うべきか。
2021年1月19日、所属事務所プロダクション人力舎より解散することが発表され、お笑いファンのみならず多くの芸人から惜しむ声が上がった。ウエストランドもYouTube(『ウエストランドのぶちラジ!』)で「めちゃくちゃ漫才おもしろいしうまいし、『M-1』の時期は毎回すごいなぁって話題になったりしてるんです」「毎年行くんじゃないか行くんじゃないかって言われてきましたけどね」とコメントしている。

『タトゥー』ういろうプリン公式
『キスの練習』ういろうプリン公式
ういろうプリンに足りなかったもの!ウエストランドのぶちラジ!

ラストステージは1月29日『激漫』

ういろうプリンのラストステージに選ばれたのは、1月29日に開催された『激漫』(新宿バティオス)。出演はういろうプリン、リニア、魂ず、三福エンターテイメント。
『激漫』というのは2017年にういろうプリン(当時のコンビ名はブルーセレブ)を中心に始まった漫才ライブで、それぞれのコンビが毎月新ネタを2本ずつ下ろしてきた。ふたりにとって思い入れのあるライブなのだ。

この1月29日の『激漫』は配信アーカイブにて2021年2月12日(金)23:59まで視聴することができる(1800円。当日は約400人が視聴)。ぜひ、多くの人に観てほしい。

左からリニア、ういろうプリン(内間一彰、丸山雄史)、三福エンターテイメント、魂ず
左からリニア、ういろうプリン(内間一彰、丸山雄史)、三福エンターテイメント、魂ず

安藤なつ、ほしのディスコ、トム・ブラウン布川からも


この記事の画像(全14枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

まつもとりえこ

Written by

まつもとりえこ 

フリーイラストレーター。ドラマ、バラエティなどテレビ番組のイラストレビューのほか、和文化に関する記事制作、編集も行う。趣味はお笑いライブに行くこと(年間100本ほど)。金沢市出身、東京在住。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太