『ヒコロヒーの金借りチャンネル』に見る芸人たちのリアルと、岡野陽一との借金頂上決戦の行く末

2021.1.27


岡野陽一との借金頂上決戦

特に1月19日に公開された借金のプロでもある先輩芸人・岡野陽一との借金頂上決戦は『LIAR GAME』や『スラムドッグ$ミリオネア』を超えるリアルな心理戦に血湧き肉躍った。

ヒコロヒーが予想した額は2千円。スタッフが予想した額は2万円。ヒコロヒーは、岡野が『THE W』優勝で賞金を手にした芸人の吉住から借金する予定であることを知り、それを当てにしていたのだがここで問題が起きる。岡野宛てに吉住のファンや人力舎の社長から「吉住に近づいたらマジでシバく」というお達しが出てしまったのだ。そこで岡野はこの電話を逆に利用し、ヒコロヒーに吉住から借金させて、それを経由して自分の手元に金が入るように画策する。岡野に金を借りるつもりが。いつの間にか別の人間への借金の相談へと話がすり替わっている。まるで『HUNTER×HUNTER』の念能力かのような「借金移動(デッドムーブ)」に震え上がった。

しかし、これはヒコロヒーの作戦だった。ヒコロヒーは吉住から借りた金を岡野へと渡す際、それを「自分の金」として貸すことによりその金に利息をつけ儲けようという算段だったのだ。まず、ヒコロヒーは「金が早急に必要だ」という岡野に対し、「吉住から金を借りる前に、自分が現在所持している現金から岡野に渡してもいい」と提案する。そして岡野に貸す8万をトゴ(10日で5割)というあり得ないほどの高金利で要求した。当然岡野は「やり過ぎじゃない? いざとなったら訴えるよ」とそれを一蹴する。するとすぐさまヒコロヒーは、「トイチ(10日で1割)にしますか?」と利息率を下げ交渉に入る。岡野は「トイチか……全然いけんじゃない? いいよ」とアッサリその要求を飲んでしまう。

最初にわざと断られるような高い要求を吹っかけ、相手が渋った瞬間に低い要求をし相手にそれは「得だ」と錯覚させる。蜘蛛の巣のように何重にも張り巡らされたヒコロヒーの罠に岡野は一瞬にしてがんじがらめになってしまった。これは交渉術のひとつ「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」だ。そして皮肉にもこのテクニックは岡野自身がヒコロヒーに数分前に話したテクニックだったということ。

しかし、話はこれで終わりではなかった。これでは単に「ヒコロヒーが吉住に借金をし岡野に金を貸す」ということだけになってしまう。この戦いの勝利は「岡野から借金をする」ということでしか得ることができないのだ。

満を持してヒコロヒーは「今私にいくら貸してくれます?」と、岡野に問いかけた。しかしこれが大きな間違いだった。岡野が次に放ったひと言によって戦況は一変した。

「ヒコロヒーが俺に12万貸してくれたら2万あげるわ」

ヒコロヒーから受け取った金の一部をヒコロヒーに渡すと言う岡野。当然ヒコロヒーは、12万という大金を貸すことはできない。ヒコロヒーの目論見はもろくも崩れ去った。結果としてヒコロヒーは、岡野に金を貸して利息分を受け取る約束を取りつけることはできたものの、「岡野自身から金を借りる」という最大の目的は果たすことはできず、この頂上決戦はある意味ドローというかたちで幕を下ろした。

ここまでリアルな人間模様を見ることができるのは、ある意味人間にとって最もシビアで生々しい「借金」というテーマをエンタメに昇華することができる、ヒコロヒーの芸人としての実力の高さ、そしてヒコロヒーに対する芸人たちの信頼の厚さがなせる技だと思った。

ある意味「今一番観るべきYouTube」、『ヒコロヒーの金借りチャンネル』は2021年要チェックのチャンネルのひとつだ。願わくば広告収入で借金返済してほしい。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

かんそう

1989年生まれ。ブログ「kansou」でお笑い、音楽、ドラマなど様々な「感想」を書いている。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太