陰りある時代に音楽の力で光を射す──和楽器バンド、メモリアルイヤーの『大新年会』に込めた想い

2021.1.24

文=坂井彩花 写真=KEIKO TANABE、上溝恭⾹
編集=森田真規


2021年でデビュー8年目を迎える、メンバー8人による和楽器バンドの年始恒例となっているライブ『大新年会』が、1月3日、4日の2日間にわたって日本武道館で開催された。

本稿では、「こんな時だからこそ、メンバー八人、世界中に音楽を。エンターテイメントを。届けたい!」という想いのもと、2021年の1年間で8つのニュースを発表する「八奏新報」の第1弾も発表された、1月4日に行われたライブ『和楽器バンド 大新年会 2021 日本武道館 2days ~アマノイワト~』のレポートをお届けします。


和楽器バンドの決意を感じさせた、ペンライト揺れる武道館の光景

太陽神・天照大御神(アマテラスオオミカミ)が須佐之男命(スサノヲノミコト)の暴挙に腹を立て、天岩戸(アマノイワト)と呼ばれる洞窟に身を隠してしまう伝説『天岩戸神話』。
天照大御神を洞窟から引きずり出し、世界に光を取り戻したのが八百万の神々の知恵と天鈿女命(アメノウズメノミコト)の舞だとするならば、陰りある時代に音楽の力で光を射していくのが和楽器バンド、そして、鈴華ゆう子の歌声なのかもしれない。『和楽器バンド 大新年会 2021 日本武道館 2days ~アマノイワト~』を観ていると、そんなことを考えずにはいられなかった。

オープニング映像を経て、ボーカル・鈴華ゆう子の力強い歌声からライブは開幕。キラーチューンの「千本桜」が華やかな桜吹雪と共に、一気に広がっていく。観客が声を出せない状況でも和太鼓の黒流は絶えずフロアを煽り、それにしっかりと応えるように客席のペンライトが揺れた──今年も和楽器バンドは、ファンと共に景色を作っていく。言葉にせずとも、その光景がすべてを物語っていた。

観客は曲に合わせてペンライトを揺らし、バンドと共に“ライブ空間”を作り上げていた

青い照明に導かれ、勢いやまぬまま「reload dead」へ。寸分の狂いもなく絡み合うドラムと和太鼓の打音は、もはや音では収まらぬ圧。一音一音が触れられそうな勢いで、目の前に迫りくる。オンラインでもライブを楽しむことはできるが、振動を肌に感じることができるのは現地ならでは。紛れもなく今生きているという事実が、オーディエンス一人ひとりに刻まれていく。尺八の高音が軽やかに抜けていく「反撃の刃」、ドラム・山葵がスティック投げをサラッと決めた「華火」と熾烈な演奏が展開される。

「オキノタユウ」では、鈴華のアテンドによりスマホのライトで武道館が埋め尽くされた。切なく響くアコースティックギター、モノクロの映像、白い息のように場内を潤すスモーク。幻想的な空気はセンチメンタルを加速させる。会場に煌めく一つひとつの光は、それぞれの命の煌めきを強調し、ステージ上の8人と溶け合うように輝いていた。

しっとりした空気に浸ったのも束の間、「起死回生」で空気はガラッと変化。三三七拍子のリズムとダンサーのパフォーマンスで、一気に武道館の温度を上げていく。“最後の壁は自分で超えるんだよ”という歌詞と共に、ギター&ボーカルの町屋が胸を叩いたのは「日輪」だ。コロナ禍で生まれた一曲ということもあり、言葉のリアリティが凄まじい。箏のソロパートでは、いぶくろ聖志が文化箏の白鷺をキーボードのように担いでプレイ。和太鼓&箏&ドラムの後列3人は動かない、という固定概念を打ち破ってみせた。

文化箏の白鷺を携えステージ前方で演奏する、いぶくろ聖志

1年で8つのニュースを届ける“八奏新報”の第1弾として、4月より放送が決定しているテレビアニメ『MARS RED』のオープニングが新曲「生命のアリア」になることが発表されると会場は拍手で祝福。トレーラーが流れるときには映像が乱れるハプニングも発生したが、そんなときだって楽しんでしまうのが和楽器バンドの8人。

天井近くまでリフトアップされたステージで歌う鈴華ゆう子

尺八の神永大輔が「ファミコンとかだと息を吹きかけたら直ったよね!」と、オーディエンスの笑いを誘った。初披露となった「生命のアリア」では撮影OKタイムとなり、幾多のレンズが向けられた。漏らすことなく一つひとつに視線を送る彼らに、ファンへの多大な愛を感じずにはいられない。つづけて、鈴華の立つステージが天井近くまでリフトアップするという華やかな演出と共に「月下美人」をしっとりと歌い上げ、前半を締め括った。

MCでも観客を湧かせたムードメーカーの神永大輔(左)

「アマノイワト」に込めた想い


この記事の画像(全10枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太