動画クリエイターが「公人」に。2020年はインフルエンサー時代の転換点となるか(UUUM鎌田和樹)

2020.5.8
UUUM鎌田和樹

構成=半蔵門太郎 編集=鈴木 梢


外出自粛がつづくなか、改めて感じることと言えば「YouTuber」の影響力だ。トップYouTuberのHIKAKINは4月10日、小池百合子東京都知事との対談動画を公開。ほかにも、東京都が発する注意喚起の呼びかけ役としてCMにも協力するなど、もはや「公人」とも言えるような立場で、感染拡大防止に向けた情報発信の一翼を担っている。

YouTuberのほかにも、ツイッターやインスタグラムで「インフルエンサー」と呼ばれる仕事が生まれた2010年代。2020年代には、これらはどう変化していくのだろうか。

HIKAKINや水溜りボンドなど有名YouTuberたちの数多くを擁するUUUM株式会社の鎌田和樹が、これからの「インフルエンサービジネス」について考える。


コロナを経て「研ぎ澄まされていく生活」への期待感

新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、UUUMは4月より「完全リモート体制」で業務を進めている。3月末にはドタバタしていたが、少しずつ自宅の作業環境を整え、今ではオフィスと遜色ない環境を作り上げることができた。

さて、今の完全リモート体制となり1カ月。僕が感じているのは、リモートでの業務を通じて、さまざまな人や物が「研ぎ澄まされていく」ことへの期待感だ。

人でいうと、ミーティングに参加しても発言しない「謎の参加者」がリモート会議では不参加となることが多くなった。必要最低限の人数で議論を進めることができるし、よけいな気を使う必要がないため、非常にやりやすさを感じている。

物でいうと、僕は4月に入ってから服を1着も買っていない。例年であれば春物を何着か買ってしまうタイミングだが、外出をしないので手持ちの服だけでじゅうぶんだし、消費をせずにやりくりできている感覚が、健康的でとても気持ちがいい。

また、最近は「オフィスもいらないかも」と思い始めている。リモートで滞りなく仕事が進められるのであれば、移動時間はただの無駄だ。安倍首相も5月4日の記者会見で「新しい生活様式を」と語ったが、企業にも同じことが言えるだろう。人数が少ないベンチャー企業であれば、「WeWork」のような賃貸ではないオフィスの在り方も、これからのスタンダードになっていくのかもしれない。

2020年は「インフルエンサー時代」の転換点になる


この記事が掲載されているカテゴリ

鎌田和樹

Written by

鎌田和樹(UUUM株式会社・代表取締役)

(かまだ・かずき)1983年東京都生まれ。起業家である孫泰蔵氏の薫陶を受けて起業を決意、人気YouTuber・HIKAKIN(ヒカキン)との出会いをきっかけに、2013年ON SALE(現UUUM)を設立し、社長就任。2017年にUUUMを東証マザーズ上場に導く。2022年6月1日付で代表取締役 会..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太