「世間を挑発する」ニューヨーク、「尖ったまま老若男女に届く」金属バット、「センターマイクを鷲掴みにする」コウテイ…今年のM-1は敗者復活戦から見逃せない

2020.12.19


金属バット、コウテイは敗者復活戦にすべてを賭けるしか決勝に勝ち上がる術はない

一方の金属バッドは淡々と飄々と漫才をする。まったく慌てず自分たちのテンポで進めていく様は威風堂々としており、もはや貫禄すらある。近年、関西のお笑い好きの間で噂が噂を呼び、すでに2年前にM-1準決勝へ駒を進めた。東京のネタ番組や劇場に呼ばれることも多くなった。

【M-1参戦の歴史】金属バット 友保先生の「スベった時の過ごし方」【金属バットもういっちょ シーズン6】

賞レースの4分間の漫才は、普段長尺でできる劇場での漫才とは違い、スピード感や内容の詰め込みなど工夫しないといけないことがあるが、金属バットの漫才はそんな前提を自然に、静かにねじ伏せている。その尖りを保ったまま、1年に1度M-1で漫才を観る多くの老若男女にも伝わる円熟味も増してきた。

特に今年は、予選から観ていても素晴らしいネタがそろっていたし、今までのネタでも決勝の放送に通用するネタはあったので、満を持しての決勝進出だと信じ込んでいた。

あくまで自分は単なる取材者であり、イチお笑いファンの主観に過ぎないが、どこか結果に納得がいかない。しかし当たり前だが、審査員の方々の審査がすべてであり、絶対的な正義であることは理解している。

だからこそ、金属バット、コウテイは敗者復活戦にすべてを賭けるしか、決勝に勝ち上がる術はない。どちらかしか勝ち上がれない茨の道だが、こちらの溜飲が下がるよい結果を待ち望んでいる。

12月2日、大阪「COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール」で、東京の準決勝会場と時差なしの生中継を鑑賞することができた。

帰りの電車で、私と同じ準決勝生中継鑑賞帰りであるお笑い好き大学生カップルが興奮冷めやらない感じで、準決勝について話しているところに偶然居合わせた。隣に座っていたから、話の内容が筒抜けだった。

彼らは開口一番、「あのネタってコンプライアンス大丈夫なのかな⁉」と盛り上がっていた。「あのネタがおもしろかった‼」の前に「コンプライアンス」という言葉が出てきたことに驚いた。私が居合わせる前にネタのおもしろさについての話題がすでに終わっていたとしても、コンプライアンスの問題を一般のお笑いファンが「熱く」語ることが今という時代なのか。

人を傷つけない優しい笑いが流行っているのはわかっている。ただ、必要以上に人を傷つけることさえしなければ、元来笑いは、何も遵守せず、従順や適合という規制をぶっ飛ばしても赦されるはずだ。

12月20日の敗者復活戦、そして決勝戦は、とことん馬鹿で悪い漫才で大笑いして、気持ちよく2020年を終えられることを願う。

■『M-1グランプリ2020』敗者復活戦は12月20日14:55〜、決勝戦は当日18:34~生放送


この記事の画像(全3枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

鈴木淳史

(すずき・あつし)1978年生まれ。兵庫県芦屋市在住。 雑誌ライター・インタビュアー。 ABCラジオ『よなよな・・・なにわ筋カルチャーBOYZ』(毎週木曜夜10時~深夜1時生放送)パーソナリティー兼構成担当。雑誌『Quick Japan』初掲載は、2004年3月発売号の笑い飯インタビュー記事。

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。