考察『鬼滅の刃』我妻善逸トップ人気(当然)を掘り下げる。決め手は「人格の揺らぎ」

鬼滅の刃5

文=多根清史 編集=アライユキコ


考察『鬼滅の刃』シリーズ、第5回の主役は我妻善逸(あがつま・ぜんいつ)。善逸を語る上でアニメ版の存在は欠かせない。

【関連】『鬼滅の刃』完結は英断。無残に引き延ばされなくてよかったと断言できる理由


善逸の人気投票トップは当然

『週刊少年ジャンプ 47号』(2020年11/9号)にて発表された人気投票のランキング、我妻善逸が堂々のトップ。主人公の竈門炭治郎(4位)にほぼダブルスコアの差をつけていて、なぜ?と当然!という声が半々だったはず。筆者は「当然!」に1票を入れたい。

なぜかといえば、大まかには主要キャラの中で守備範囲がダントツに広いことがひとつ。炭治郎と鬼殺隊の同期で嘴平伊之助と合わせてかまぼこ隊(通称)の一角、つまり劇中で描かれている主要な任務にはほぼもれなくついてくる。

そしてギャグからシリアスまでひとりでこなせる芸域(?)の幅広さ。主人公の炭治郎は心理に揺らぎはあってもブレはなく、日常パートも戦闘でも「俺は長男だから」の矜持で一貫している。魚を炭火で焼くときも上弦の鬼と対峙しているときも同じであり、ただ文脈によって凛々しいかおもしろいかが変わるに過ぎない。

「俺は長男だから」の炭治郎。『鬼滅の刃』<1巻>吾峠呼世晴/集英社
「俺は長男だから」の炭治郎。『鬼滅の刃』<1巻>吾峠呼世晴/集英社

また伊之助は猪突猛進!猪突猛進!で逆にシリアスを求めるのは厳しい。この子の状況ガン無視力が難局を突破することもあるが、尋常な人間ドラマは望みがたい。そうした困った子が炭治郎の長男力にホワホワさせられて人間性を身につけていく過程も、またひとつのドラマではあるのですが。

尋常な人間ドラマは望みがたい伊之助。『鬼滅の刃』<7巻>吾峠呼世晴/集英社
尋常な人間ドラマは望みがたい伊之助。『鬼滅の刃』<7巻>吾峠呼世晴/集英社

その点、善逸のメンタリティは普通の人に近い。怖がるときは怖がるし、勇気を奮い起こすときは奮い起こす。人格に揺らぎがあり、だからこそギャグもシリアスもできる。おそらくセリフ量もほかのキャラより多く、音量もデカい(泣きわめいたり叫ぶから)。

そもそも初登場の最終選別のときから「死ぬわ死ぬ死ぬ」と連発していたが、人喰い鬼と戦いつづけろと言われれば常人ならそう言う。きれいな女の子を見れば、健全な青少年ならお近づきになりたくなる。が、「女の子一人につきおっぱい二つお尻二つ太もも二つついてんだよ」と(相手に丸聞こえのところで)まで言うか? いや常に生死の境にあれば、誰しもこうなるんじゃないか……。

「女の子一人につきおっぱい二つお尻二つ太もも二つついてんだよ!」『鬼滅の刃』<6巻>吾峠呼世晴/集英社
「女の子一人につきおっぱい二つお尻二つ太もも二つついてんだよ」『鬼滅の刃』<6巻>吾峠呼世晴/集英社

読者の共感を誘い、ドン引きさせ、また呼び戻す。そんな善逸がいなければ、鬼殺隊は常人離れしたパーソナリティの集団として地に足つかなくなったかもしれないのである。

「肝心なときにしか役に立たない男」のカッコよさ


この記事の画像(全8枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

多根清史著書

Written by

多根清史

(たね・きよし)1967年、大阪市生まれ。京都大学法学部修士課程卒。著書に『ガンダムと日本人』『教養としてのゲーム史』、共著に『超クソゲー2』『超ファミコン』など。ゲームやアニメ、マンガからスマートフォンまで手がける雑食系ライター。