EXITの本質は「ダサさ」にあり!?兼近「(りんたろー。の)ダサさがすげえと思ってコンビを組んだ」(てれびのスキマ)


昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。


『イグナッツ!!』

チャラワードメニューを4人のセンスと自由な発想で創作漢字化するという「ネオチャラ漢字クリエイト」。りんたろー。が選んだお題は「コンビ」。「考えれば考えるほどダサくなる」「『コンビ』を選ぶりんたろー。さんもダサい」という兼近に「バレ始めてる、俺のダサさ。Creepy Nutsにバレたくないんだよ」とりんたろー。。

そのりんたろー。の解答を横目で見て「ダッセぇ」と悶絶する兼近。「まっすぐにダサければいいけど、クッションを挟んでるのがまたダサい」と。彼が創作した漢字は「絆卍」。「絆×絆それすなわち卍」だと。「卍」を入れて「ボケ」っぽくしているのがさらにダサいと一同からイジられつづける。次のお題の「イグナッツ!!」には「革命」と解答。「頭からケツまでずっとダサい」と松永が笑う。

けれど「このダサさが初めて会ったときにすげえと思ってコンビを組んだ」という兼近。「『チャラい、ダセぇ、痛てぇー、組みてぇー』って」「マジでスーパーダサかった。こんなダセぇ人、お笑い芸人になるんだって。そこが俺、好きになった」。りんたろー。「俺、かっけぇと思ってやってんすよ」、松永「ホンモノだ!」。

このダサさを取り入れるっていうのは、大ヒット商品などでも言われること。テレビの世界でもそうで、たとえば『夕やけニャンニャン』やとんねるずの番組などを手がけた石田弘も「ダサい」をテーマにしていた。そういう最先端の感覚の中に宿る絶妙の「ダサさ」というのがポップさにつながるんだろうなって思う。そこがEXITの本質のひとつのような気がする。

『普通に見てきてくれませんか?』

フジテレビの若手クリエイターたちのチャレンジ枠「水曜NEXT!」。ウソだろと叫びたくなる人や場所をリポートするという一見ありがちな番組だけど、リポートするのがコントキャラ。

今回はロバート秋山扮する「フリー」の黒村ひさし。事務所無所属で年間4000本のフリー仕事をこなしているというキャラクター。名刺には「歌、芝居、声、ロケ、ラジオ、ビジネス なんでもお任せくださいっ!」の文字。メインの仕事は何?と問われても「芝居、声、ナレーター、CM、コラム、新人、育成、統括、管轄、統括、育成……」とどんな仕事をしているのかわからないうさん臭さ全開。

「7つのカツラを持つ男」を探すため、街で聞き込みするもなかなか見つからない。すると「バレないからこそのカツラだろ? だとしたら通行人に聞いたとしてもわからないよ!」とスタッフにマジギレし、「教えろ場所!」と迫る黒村。キャラに入ったままずっとロケをするというのは秋山の得意とするところ。たったひとつのキャラで丸々ロケ1本をやり切ってしまった。

一方、「メニューが5000種類ある居酒屋」へロケに向かったRGは、伊佐山部長(市川猿之助)をメインに箕部(柄本明)、渡真利(及川光博)、タブレット福山(山田純大)と『半沢直樹』キャラを次々と投入。スタジオで観ていたジュニアらは「単独ライブやん」と笑う。

目的の居酒屋すぅちゃんに到着すると、今度は「すぅちゃん王」と『東大王』のパロディに。RGはあるレーザー、ある治原史規、ある沢拓司のひとり3役に。さらには高橋ジョージや今昔庵の店長にも扮していく。やたら収録時間がかかっていそうなロケに、小峠「20数年の芸歴をすべてここに入れてきた」「集大成のようなロケでしたね」。


『かりそめ天国』

番組初登場のすゑひろがりず。三島は有吉を「いじわる殿上人」、マツコを「人間鏡餅」と命名。すると有吉「おい、小学校であだ名禁止(の時代)だぞ!」。

トークコーナーでの「2wayなどの多機能商品にワクワクしてしまう」という投稿に対し、「結局2way以上にすると1wayと同等の機能にならない」というマツコ。これは真理。

今日観たい番組:『伯山カレンの反省だ!!』に東野幸治が登場!

『世にも奇妙な物語 ’20秋の特別編』(フジ)。濱田岳「コインランドリー」、大竹しのぶ「タテモトマサコ」、広瀬すず「イマジナリーフレンド」、高橋克実「アップデート家族」。

『NHKスペシャル』は「激闘 シャチ対シロナガスクジラ~巨大生物集う謎の海域~」。

『勇者ああああ』(テレ東)は「芸能史とセットで覚えるゲーム年表」後編。

『マツコ会議』(日テレ)はフワちゃん×マツコの後編。

『ゴッドタン』(テレ東)、「腐り芸人セラピー」流れ星の後編。

『伯山カレンの反省だ!!』(テレ朝)に東野幸治。


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太