EXIT兼近「誰かが傷つく指示は断る」(てれびのスキマ)


昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。


昨日観た番組:『あちこちオードリー』でサラっと出た兼近の本音

『マツコの知らない世界』癒やし動物の総集編。こういうの見てるとどうしても「ペット可」の物件を探してしまう。

『ロンドンハーツ』。「格付けしあう売れっ子たち」4年半ぶりでメンバーも様変わり。第6.5世代vs第7世代の構図。業界で働く女性に聞いた「付き合うならこの芸人」。芸人からも業界の女性からも評価が高いかまいたち濱家。逆に女性から低め(といっても5位)のカズレーザーが意外だった。

『テレビ千鳥』路地裏探訪シリーズ。今回は「さくら探訪」。このシリーズ、大好き。ただただ千鳥の2人が街を歩いているだけなのに、なんでこんなにおもしろいんだろう。ふたりの歩き姿に可笑しみがあふれている。

『あちこちオードリー』EXIT&藤森、後編。兼近が「誰かが傷つく(ディレクターからの)指示は断る」とサラッと言っていたのがスゴかった。EXITのファンは30代が多いという話はなるほどなあと思った。10代はまだEXITのような枠からはみ出すタイプは許せない、と。

『青春高校3年C組』、「青春!日村クイズ」この手のクイズで日村が司会だと鉄板。

フジテレビで放送された『千原ジュニアの座王』(関西テレビで3月14日放送)。準決勝の「歌対決」、ロングコートダディ堂前が『ドラえもんのうた』のイントロに乗せた即興歌が見事だった。

今も僕がここで元気に笑っていれるのは
家族や他のすべての人達の支えがあったからこそ
父よ 母よ 友よ 海よ 空よ 雲よ 山よ 君よ
生きとし生けるすべてものに マジサンキュー

堂前による『ドラえもんのうた』即興替え歌

今日観たい番組:「コウメ太夫にネタのダメ出しされた後輩、誰一人何一つ直さない説」

『有吉の壁』(日テレ)今回は日テレが舞台。

『水曜日のダウンタウン』(TBS)「コウメ太夫にネタのダメ出しされた後輩、誰一人何一つ直さない説」など。

『ひかくてきファンです!』(テレ朝)はEXITvs四千頭身。


この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太