自分を発見し、自分を見守り、自分を検討する。人生の一大事業――臼井吉見の言葉(荻原魚雷)

2020.10.30


自分は不完全な人間であるという自覚をなくすと他人に厳しくなる

他にも臼井吉見には『教育の心』(毎日新聞社、1975年)という講演をまとめた本がある。『自分をつくる』と内容は重なっている部分も多い。

『教育の心』(臼井吉見/毎日新聞社/1975年)

「青春と文学」という講演ではこんなことを語っている。

自分を発見し、自分を見守り、自分を検討する、そういう人間の一大事業、たいへんむずかしい、しかしやりがいのある、それがあるために、〈人間〉とも言えるような、そういう一大事業の手助けをしてくれるものの一つに文学がある。

『教育の心』(臼井吉見/毎日新聞社/1975年)

20代の頃のわたしはいわゆる文学青年だった。臼井吉見の本を読んだのは20代半ばくらい。初読の際は古くさいと思った記憶がある。くどいと思った。おもしろ味は感じられなかった。だけど、頭の片隅のどこかで、大事なことが書いてあるという気がしていた。

日本の文学は「秀才文学」と「落第文学」に分かれる――これも臼井吉見の持論である。

「秀才文学」は教養があり、洗練されているが、人の苦労、生きづらさがわかっていないことが多い。臼井吉見は「落第文学」として、葛西善蔵や宇野浩二、川崎長太郎といった名前を挙げている。いずれも貧乏や病気で苦労した作家である。彼らは怠け者でもあった。わたしは「落第文学」に耽溺した。

人にはさまざまな優先順位があり、好き嫌いがあり、向き不向きがある。自分の興味のあるものには詳しく、そうでないものには詳しくない。あらゆることに知悉(ちしつ)している人間はいない。たとえば、健康な人は不健康な人の気持がわからない。男は女が、女は男がわからない。

ある人にとってのプラスは他の誰かにとってマイナスになることもある。

自分は不完全な人間であるという自覚をなくすと他人に厳しくなる。自分では正気と思っていても傍から見ればそうではないことはいくらでもある。

――自分を発見し、自分を見守り、自分を検討する。 

終わりのない難事業だ。気長にのんびりやるほかない。

■荻原魚雷「半隠居遅報」は毎月1回更新予定です。


この記事の画像(全2枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 荻原魚雷『中年の本棚』(紀伊國屋書店)

    気力・体力・好奇心の衰え、老いの徴候、板ばさみの人間関係、残り時間…人は誰でも初めて中年になる。この先、いったい何ができるのか―中年を生き延びるために。“中年の大先輩”と“新中年”に教えを乞う読書エッセイ。

    関連リンク


Written by

荻原魚雷

(おぎはら・ぎょらい)1969年三重県鈴鹿市生まれ。1989年からライターとして書評やコラムを執筆。著書に『本と怠け者』(ちくま文庫)、『閑な読書人』(晶文社)、『古書古書話』(本の雑誌社)、編著に『吉行淳之介 ベスト・エッセイ』(ちくま文庫)、梅崎春生『怠惰の美徳』(中公文庫)などがある。毎日新聞..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太