『アンという名の少女』6話。「生理がどうして恥なの?」大人になっていくアン、ついにふくらんだ袖を着る



秘められたマシューの恋

第6話は、さまざまな恋心も描かれた。
(アンのせいで)スキャンダル騒ぎになったフィリップス先生と最年長の生徒プリシーの進展がほのめかされた。先生がスペリング対決で出題するワードが、プリシーへのメッセージになっていたのだ。
「恋愛」「美人」「拒絶」「傲慢」「冷淡」「後悔」「目的」「辛抱」「婚約」。婚約で、プリシーの表情が変わる。そんなことやってないで、ちゃんと授業をしてほしいものだ(全米最大規模のスペリング大会のドキュメンタリー『スペリング・ビーへの挑戦』がNetflixに入っていておもしろいのでオススメ)。
マシューの恋も描かれた。アンのためにふくらんだ袖のドレスを買いに行き、店のマダムとの静かな会話から、学生時代のふたりの秘めたる恋の回想シーンへ。マシューがくれたボタンを、今でも持っているマダム。マシューは、完成したドレスを自分では取りには行かないが、ボタンをプレゼントする粋な計らい。素敵な恋愛短編小説のようなエピソードが挿入された。
リンド夫人と旦那さんの熟年夫婦のいちゃいちゃっぷりもあった。

アンは、ダイアナに「心から愛してる」と言われる。今まで「愛している」と言われたことのなかったアンは、すぐには飲み込めないほど驚き、喜んだ。
アンとギルバートの恋はまだまだ自覚されていないが、学校を休んでいるギルバートに教科書を届けに行ったアンは、病身の父の存在を知った。そのことも、アンが大人になるためのひとつの試練だったのかもしれない。

ギルバートは父親の看病のため、学校を休んでいる。Netflixオリジナルシリーズ『アンという名の少女』シーズン1~3独占配信中
ギルバートは父親の看病のため、学校を休んでいる。Netflixオリジナルシリーズ『アンという名の少女』シーズン1~3独占配信中

ラストシーン。
マリラが、いつものセリフを(少しうれしそうに)言う。
「兄さんは、子供を甘やかし過ぎですよ」
それに対してマシューは「子供じゃないよな」と微笑んで、「行きましょう、お嬢さん」と大人になったアンをエスコートするのだ。

ジェットコースターみたいに感情の動きが激しいアン。Netflixオリジナルシリーズ『アンという名の少女』シーズン1~3独占配信中
ジェットコースターみたいに感情の動きが激しいアン。Netflixオリジナルシリーズ『アンという名の少女』シーズン1~3独占配信中

『アンという名の少女』

原題:Anne with an “E”
制作:2017年 カナダ
原作:L・M・モンゴメリ
製作総指揮:モイラ・ウォリー=ベケット

キャスト
アン・シャーリー(エイミーベス・マクナルティ)(上田真紗子)
マリラ・カスバート(ジェラルディン・ジェームズ)(一柳みる)
マシュー・カスバート(R・H・トムソン)(浦山迅)
ダイアナ・バリー(ダリラ・ベラ)(米倉希代子)
ギルバート・ブライス(ルーカス・ジェイド・ズマン)(金本涼輔)
レイチェル・リンド(コリーン・コスロ)(堀越真己)
ジェリー・ベイナード(エイメリック・ジェット・モンタズ)(霧生晃司)

Netflixシーズン1から3まで配信中
NHK総合で日曜の午後11:00から全8回

不朽の名作をドラマ化『アンという名の少女』予告編

この記事の画像(全15枚)




関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

米光一成

Written by

米光一成

米光一成 (よねみつかずなり)ゲーム作家/ライター/デジタルハリウッド大学教授/日本翻訳大賞運営/東京マッハメンバー。代表作は『ぷよぷよ』『はぁって言うゲーム』『BAROQUE』『はっけよいとネコ』『記憶交換ノ儀式』等、デジタルゲーム、アナログゲームなど幅広くデザインする。池袋コミュニティ・カレッジ..

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。