QJWeb公式ツイッター RT数ベスト5記事を紹介!<今週のおすすめ記事>9/19~9/25

2020.9.26
今週のおすすめ記事0926

QJWeb公式ツイッターのRT数上位記事をランキング形式で紹介。旬なカルチャー情報、タイムリーで骨太なコラムなどQJWebでしか読めないオリジナル記事が一気にチェックできます。


今週のおすすめ記事

1位:炎上でスランプに陥るシュウペイ、『ロンハー』で有吉らから励ましの愛を受ける(てれびのスキマ)

毎日連載「きのうのテレビ」9月23日の記事。先週もRT数5位にぺこぱ関連の記事が入っていました。ぺこぱファンの愛、深い!

2位:『ねほりんぱほりん』から『私だけかもしれない講座』へ。テレビのセオリーを疑う(藤江千紘)

さまざまな論者に、社会で今起きていることをテーマに論じてもらう「クイックジャーナル」。NHKエデュケーショナル主任プロデューサー・藤江千紘さんが初登場です。

3位:狂気と哲学性をミックスさせた蛙亭のコントについて

ブロガーかんそうさんによる蛙亭評です。記事サムネイルの素敵な写真は9月25日(金)発売の『芸人雑誌 volume1(クイックジャパン別冊)』からお借りしています。そちらも合わせてチェックお願いします。

4位:『勇者ああああ』の立役者でありゲームプレゼンの天才、ヤマグチクエストという男

QJWebの人気連載「『勇者ああああ』芸人キャスティング会議」。深夜枠最終回にも登場し、やはり人気の初代プレゼンター。

5位:プリンプリン田中は「会えない息子に観てもらうため」テレビに出る。『シンパイ賞』で悲哀エピソード語る(てれびのスキマ)

毎日連載「きのうのテレビ」9月19日の記事。今週は同連載から2本がランクイン。プリンプリン田中さんの話、記事で読んだだけでも泣きそうです。この件は、今週の『JUNK 爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)でも太田さんが楽しそうに話していました。

クイック・プレイバック

『クイック・ジャパン』初期に編集部でアシスタントをしていた近藤正高さんによる、『クイック・ジャパン』および「サブカル」論。記事のタイトルにもなっている「わかりやすいものは歴史に残らない」という言葉は、上で紹介した藤江千紘さんの記事と通じるところがあるように思います。

QJWeb今までの人気記事まとめはこちら!?

来週もお楽しみに!

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事が掲載されているカテゴリ



QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太