YeYe 妊娠中に救われた言葉

2020.1.18

文=YeYe


「昔から感情がおかしい」と自称するほど涙を流しやすい、シンガーソングライターのYeYeさん。2017年の妊娠中には、さらにいろんなことで泣いてしまっていた。それだけでなく、重いつわりに悩まされ、体調だけでなく気持ちも重く落ち込んでしまっていた。そんな彼女を救った、先輩おかあさんからの助言。それはどんな言葉で、YeYeさんの考え方を一体どのように変えたのでしょうか。

※本記事は、2017年12月26日に発売された『クイック・ジャパン』本誌vol.135掲載のコラムを転載したものです。

お腹の中の司令塔

今日も泣いた。高校生のころ、喋ったこともない教育実習の先生が帰るときにクラスの中でひとりだけなぜか涙を流してしまうくらい昔から感情がおかしいのは変わらないのだが、お腹にあかんぼうが誕生してからもっとえげつないくらいどうでもいいことでも泣けてくる。 オットのこんなことで泣いてたっけな、ドラマのこんなシーンで泣いてたっけな、お気に入りの上着が見つからないだけで泣いてたっけな、という具合に。なんならもともとおかしいうえに初めての妊娠が海外だったのもあって、おかあさんのホルモンバランスは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でドク博士がつくった大きなスピーカーでマーティが吹っ飛ぶシーンくらい、ぶっとんでいるのだ。おそろしや。

涙腺崩壊だけじゃない。オカンになるにはいろんな試練が待っている。もっともしんどかったつわりの時期であるオーストラリア・メルボルンでの生活では、「じゃがりこ食べたいねんけど。ゼリー食べたいねんけど。」そんな気持ちに応えてくれる気の利いたコンビニがあるわけもなく、ひたすらベッドとトイレ(トイレめちゃ近い)の往復。ほんでひたすら気持ち悪い。吐いたらすっきりするのに、吐けない状態が起きている間ずっと続く。1週間で終わる風邪のほうがよっぽどマシだった。この永遠のようにも思える絶妙な気持ち悪さは、からだが気持ち悪いことよりも、メンタルのほうがやられてくるのだ。なんだこれは!

想像していた妊婦生活と、なんかちゃう。世の中にはおかあさんがいっぱいいるけれど、こんなにしんどかったなんて聞いてない。みんなしれっと我が子の手を握ってなにごともなかったかのように街を歩いているが、全員が全員じゃないにせよ、だいたいのオカンたちはこの“ダークサイドゾーン”を経験していたのだ。すごいやん。なんだこれ……。


毒親となった母との汚部屋ぐらし……これが半自伝!?大反響のマンガ『汚部屋そだちの東大生』とは(PR)

WHAT'S NEW新着

あなたにはこちらもおすすめ