南條愛乃、東京と田舎の「夕焼けの違い」を考える【QJカメラ部】

文・撮影=南條愛乃 編集=高橋千里


写真を撮ることにこだわりを持つアーティストや俳優・声優による連載「QJカメラ部」。

日曜日は、テレビアニメ『ラブライブ!』『戦姫絶唱シンフォギア』などに出演する声優の南條愛乃が担当。

ポラロイドや一眼レフで日々の写真を撮り溜めている彼女。そんな「カメラ好き声優」南條愛乃が、日常の中で、ついシャッターを切りたくなるのはどんな瞬間なのか。


東京の夕暮れ

撮影=南條愛乃

わたしは田舎育ちなのですが、田舎の夕焼けがきれいな日は、空一面が夕焼け色に染まり、空の色や染まっていく雲の色なんかを楽しめたんですが、東京はなんせ空が狭い。

狭いからこそ、そのときいる場所によってシルエットで見える街の様子が違っていておもしろいな〜と思います。

しかし夕焼けの表現って難しいな〜〜〜〜!

【連載】QJカメラ部
【連載】QJカメラ部

NAOYA(ONE N’ ONLY)、中山莉子(私立恵比寿中学)、セントチヒロ・チッチ工藤遥RUITAIKIKANON(BMSG TRAINEE)、森田美勇人南條愛乃が日替わりで担当し、それぞれが日常生活で見つけた「感情が動いた瞬間」を撮影する。


この記事の画像(全46枚)


この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

南條愛乃

(なんじょう・よしの)2006年に声優デビュー。テレビアニメ『ラブライブ!』(絢瀬絵里 役)や『戦姫絶唱シンフォギア』(月読調 役)など、さまざまな作品に出演。2009年〜2022年までfripSide2期のボーカルとして活動。2012年よりソロ活動をスタートし、2022年にソロデビュー10周年を迎..

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。