“多様な生き方”を肯定する映画『劇場』。激動の時代だからこそ「わたしの映画」になる

2020.7.17


どんな生き方も、尊重し肯定すべき

進退窮まる状況にある永田と、彼を支えようと必死になるうち自分を見失っていく沙希。ふたりの間には次第に歪(ひず)みが生じ、彼らは別々の道を歩んでいくこととなる。自分には才能があるはずだと思いつづけたい永田は東京に留まり、理想とする自分と現実の自分との差に耐え切れなくなった沙希は故郷へと帰るのだ。

しかしこれは、彼らどちらかだけの生き方を肯定するものではない。彼らと同じように、苦しみ、涙を飲んでいる者たちは数多くいる。物語が永田の一人称で進んでいくがために、作品の構造上そのまま誘導され、思わずこの傲慢な男に肩入れしてしまう人がいるかもしれない。あるいは永田に対して反感の気持ちがあれば、この映画そのものが受け入れがたいものとなることも、またあり得るだろう。

山﨑賢人が演じるのは小劇団「おろか」を主宰する永田

実際、筆者の場合は永田の一挙一動を目にするにつけ、不愉快な思いを超えて吐き気すら催してしまったくらいだ。終止、動悸も止まらなかった。彼の言動は、どこか身に覚えがあったからである。

だが、「生き方」に関する映画だと視点を転換してみる。すると、同じ夢を共有していたひと組の男女が、数年の時を共にし、やがてそれぞれの道へと一歩を踏み出す物語だと読み取ることができるだろう。いつかの筆者も永田のように、東京という場にしがみついていた気がするが、沙希のように「わたし、もう東京ダメかもしれない」と思ったことだって何度もある。それは私だけではなく、多くの方がそうなのではないだろうか。

寛 一 郎(写真右)が扮するのは永田と共に劇団を立ち上げる野原

理想と現実。それぞれの生活と性格。そしてこれから。これらの間で揺れ、同じような問いを繰り返して私たちは日々を過ごしている。沙希の生き方は永田の生き方と同様に、尊重し肯定すべきなのである。

改めて「多様な生き方」とは?

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全9枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

折田侑駿

(おりた・ゆうしゅん)文筆家。1990年生まれ。主な守備範囲は、映画、演劇、俳優、文学、服飾、酒場など。映画の劇場パンフレットなどに多数寄稿。映画トーク番組『活弁シネマ倶楽部』ではMCを務めている。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太