“プレイリスト・ムービー”という新しい表現!?音楽と不可分な映画『WAVES/ウェイブス』

2020.7.10

(c)2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved.
文=天野龍太郎 編集=森田真規


『ムーンライト』や『レディ・バード』、『ヘレディタリー/継承』など、世界中の映画ファンを熱中させている新進気鋭のスタジオ「A24」。同スタジオの最新作『WAVES/ウェイブス』が7月10日に公開された。

フランク・オーシャン、ケンドリック・ラマー、レディオヘッドなど、異例の豪華ミュージシャンの楽曲がふんだんに使用された「ミュージカルを超えた〈プレイリスト・ムービー〉」。新しい映画表現を模索した、とにかく“音”にこだわった意欲作の魅力に迫る。


オリジナルスコアを含め39曲!とにかく曲数がめちゃくちゃ多い

A24――『ムーンライト』(2016年)や『レディ・バード』(2017年)など、高い作家性と現代的な表現、テーマ設定を両立させた映画作品を多数送り出し、映画ファンからの熱心な支持を受ける映画会社。同社が製作と配給を担い、日本公開前から話題となっているのがトレイ・エドワード・シュルツ監督の『WAVES/ウェイブス』だ。

ストーリーや映像表現もさることながら、本作で特に注目されているのはその音楽。日本の配給を担当しているファントム・フィルムは、「ミュージカルを超えた〈プレイリスト・ムービー〉」という惹句で『WAVES/ウェイブス』を表現している。

映画『WAVES/ウェイブス』予告編

『WAVES/ウェイブス』では、実に31もの楽曲が使用されている。パンフレットに掲載されている監督による楽曲解説は、トレント・レズナー&アッティカス・ロスによるオリジナルスコアを含めて、なんと39曲を取り上げていて……とにかく、曲数がめちゃくちゃ多い。

たとえば、クエンティン・タランティーノの『レザボア・ドッグス』(1991年)のサウンドトラックに収められているのは16曲。もう少し最近の作品でいうと、エドガー・ライトの『ベイビー・ドライバー』(2017年)のサウンドトラックは30曲。実際に映画で使われている楽曲数はそれと同数ではないとしても、『WAVES/ウェイブス』の楽曲数の多さは際立っている。

そんな『WAVES/ウェイブス』を観てみると、これが確かに「新しい音楽映画」なのである。冒頭からアニマル・コレクティヴの「FloriDada」が鳴り響き、タイラー(ケルヴィン・ハリソン・ジュニア)と彼の友達が車内で大騒ぎしている。アメリカの高校生だったら、もっとポップでうるさいラップソングで騒ぐんじゃないの……?なんて思うものの、南フロリダの高校生がアニコレを「聴いてないというのは安易すぎる」とシュルツ監督は言う。

Animal Collective「FloriDada」(Official Video)

レスリングに明け暮れるタイラーの生活や家族を紹介する次の場面で聞こえてくるのは、テーム・インパラの「Be Above It」だ。さらに(監督にとって特別な音楽家であり、この映画において特権的な意味を持たされている)フランク・オーシャン、チャンス・ザ・ラッパー、カニエ・ウェスト、エイサップ・ロッキー、ケンドリック・ラマー、タイラー・ザ・クリエイター、H.E.R.などなど、ラップミュージックやR&Bがふんだんに使われていく。

幅広いリスニングの経験と音楽を熟聴する力を持った監督


この記事の画像(全10枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

天野龍太郎

Written by

天野龍太郎

(あまの・りゅうたろう)1989年生まれ。東京都出身。音楽についての編集、ライティング。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太