ランジャタイに翻弄されまくり、壊れるモグライダー芝「これではないよ、俺の夢は…!」(てれびのスキマ)

ランジャタイ

テレビっ子のライター“てれびのスキマ“が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。バラエティやドキュメントの中で起こった名場面、名言、貴重な会話の数々を書き留めます。2020年から毎日欠かさず更新中。


『ランジャタイのがんばれ地上波!』

「伊藤をパクっている」と難癖をつけられたモグライダー芝が巻き込まれた「どっちが本物の伊藤か」を決める対決。

前回の「口説きカラオケ対決」では疑惑の判定で伊藤が勝利し、今回は「綱引き対決」。勝敗がハッキリする対決だと歓迎する芝。腕っぷしの強い芝は伊藤にあっさり圧勝し、カメラに向かって「俺が伊藤だ!」ともはやわけのわからない状態になって叫ぶ。

だが、勝ち方が怪しいなどとクレームをつけ、何度もやり直しに。そのたびに完敗してしまう、綱引きが弱過ぎる伊藤。が、なぜか伊藤の勝利に。

「シャッフル漫才対決」を挟み、最終対決は「カラオケ綱引き対決」に。片手でも勝ってしまい勝負にならない展開で、グダグダになり翻弄され壊れていく芝。「恥ずかしいよ! 情けないよ……こんなことをするために……」とへたり込み「これではないよ、俺の夢は……!」。

長年、地下ライブなどで共に戦ってきたふた組が、そんな地下ライブ的なノリのままテレビでやりたい放題をする。「これではないよ」と芝は言うが、言葉とは裏腹に、これこそが夢のようなシーンだと思った。

『ぺこぱポジティブNEWS』

トム・ブラウン、インディアンスを迎えてポジティブ新年会。今年の『M-1』の展望などを語りつつ、今年さらに売れるための戦略を語り合う。

朝の番組にも出たいというトム・ブラウン。布川は「勘違いされがちだけど、俺らは老若男女を笑わせたい」と。

意外にも、漫才のフレーズを決めるときも、世代によってわかりにくいかなと思った際は、いろいろな年代の人に電話してリサーチするのだそう。みちお「なのに、おじさんしか笑わない!(笑)」。

一回番組に呼んでもらったあとに「定着」したいが、そのラインである中堅芸人が多過ぎて難しいというインディアンスの話を受け、「これに絶望を感じている」と松陰寺。

タカトシやサンドウィッチマンのようなMCを目指しているが、もう少し時間がかかる。それを掴み取ったとしても50歳近くになってしまうと。また、40代のおじさんたちが集まってやっている番組を、果たして誰が観るのかと。

これに対して田渕は「僕らを今観てくれている視聴者の方も、僕らと同じ歳の取り方をするわけじゃないですか。僕らがめっちゃおもろなくなったら離れていくと思いますけど、俺らががんばれていたら今の視聴者はついてきてくれるんじゃないですか?」とポジティブに語る。

松陰寺は「ライバルは誰かってよく言われるけど、僕たちはそういうことを言ってる場合じゃない。全員で戦わなきゃ」と、お笑い界全体でなんらかのムーブメントを作らなければいけないと危機感を熱く語る。田渕「新年一発目ですよね? 『朝まで生テレビ!』みたいで大丈夫?(笑)」。


この記事の画像(全2枚)



  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2021年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。