『エルピス』第4話、長澤まさみのセクシュアルなシーンは必要か?朝ドラとの共通点と「突破できないジェンダーギャップ」



浅川が斎藤と結ばれる感覚に宿るジョゼ

渡辺あやのオリジナル脚本ではないが、田辺聖子の短編小説を原作にしたデビュー作の映画『ジョゼと虎と魚たち』(2003年)は主人公の恒夫(妻夫木聡)が、自分の足で歩くことのできないジョゼ(池脇千鶴)と恋をする。歩くことのできない女性とずっと一緒にいられない主人公の罪悪感があとを引く作品だったが、ジョゼが主人公と結ばれるときの感覚も、どこか浅川のような、自分の弱さを埋めるためのようなところがあるように感じた。いや、弱さではない。強くなりたい欲望である。

浅川恵那(長澤まさみ)と岸本拓朗(眞栄田郷敦)のもとを訪れる斎藤正一(鈴木亮平)(3話より)写真提供=カンテレ
浅川恵那(長澤まさみ)と岸本拓朗(眞栄田郷敦)のもとを訪れる斎藤正一(鈴木亮平)(3話より)写真提供=カンテレ

ジョゼは、一番好きな人ができたら怖い虎を見たいと願っていた。虎は、守ってくれる人のいる幸福感の象徴である。映画ではほかに、「この世で一番エッチなことをする」ために深く暗い海の底から上がってくるというセリフが、ジョゼに付与されている。愛する相手は強く、自分を奮い立たせてくれる者であってほしい。ある種、何かの手合わせのようなものにも近い気がする。『エルピス』の浅川は、虎を見たいと願うジョゼのようでもある。糸子の場合は奮い立った末、男を超えていく。

ラストシーンに観る『エルピス』スタッフの技

渡辺あやの描く恋は体の中でうねる整理のつかない情念だ。体の中で暴れる虎のような……。それをセクシャルなシーンとして描くことが表現のおもしろさだと思うけれど、それもまたハラスメントや喫煙のようにテレビドラマから失われつつあるもののひとつである。『エルピス』は人間に潜む情念を残そうとするように画面に丹念に刻み込んでいく

プロデューサー・名越公平(近藤公園)と会議で話すチーフプロデューサー・村井喬一(岡部たかし)(4話より)写真提供=カンテレ
プロデューサー・名越公平(近藤公園)と会議で話すチーフプロデューサー・村井喬一(岡部たかし)(4話より)写真提供=カンテレ

少し、ドラマの話に戻ろう。単純に考えると、斎藤は何かを知っていて、それを追求する浅川をジャマしている気がするが、1回ひねって、斎藤は政治家の事件を追っていて、浅川の純粋な正義感を利用している可能性もある。とすると、実は志ある人物らしさを俄然発揮し始めたハラスメントプロデューサー・村井喬一(岡部たかし)も、どこでどう反転するかまだ予断を許さない。その村井は、悩む岸本を屋上に連れていき、岸本の卒業した学校を見ながら、過去を振り返らせる。屋上には柵がなく、とても危険な雰囲気でドキドキしながら観た。すると、ラストに誰かが高いところから──。

ふいに堕ちるのではなく、少し前から、堕ちそうな不安感の道標をパンくずを落とすようにしてあるところに、作り手の技を感じる。

『エルピス ―希望、あるいは災い―』
毎週月曜22時から放送中
出演:長澤まさみ、眞栄田郷敦、三浦透子、岡部たかし、筒井真理子、鈴木亮平 ほか
脚本:渡辺あや
演出:大根仁、下田彦太、二宮孝平、北野隆
音楽:大友良英
プロデューサー:佐野亜裕美、稲垣護
写真提供=カンテレ

『エルピス ―希望、あるいは災い―』全話レビューはこちら


この記事の画像(全18枚)


この記事が掲載されているカテゴリ

木俣 冬

Written by

木俣 冬

(きまた・ふゆ)フリーライター。ドラマ、映画、演劇などエンタメ作品に関するルポルタージュ、インタビュー、レビューなどを執筆。ノベライズも手がける。著書に『みんなの朝ドラ』『ケイゾク、SPEC、カイドク』『挑戦者たち・トップアクターズルポルタージュ』、蜷川幸雄『身体的物語論』の企画構成など。

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。