「齊藤京子はヒコロヒーに屈しない」イワクラが看破した『キョコロヒー』の魅力(てれびのスキマ)

てれびのスキマ

テレビっ子のライター“てれびのスキマ“が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。バラエティやドキュメントの中で起こった名場面、名言、貴重な会話の数々を書き留めます。2020年から毎日欠かさず更新中。


『キョコロヒー』

普段言えないことを言う「一度は言ってみたいセリフ劇場」のゲストとしてスタジオに「いつもヒコロヒーさんがお世話になってます」と蛙亭・イワクラが登場。ヒコロヒー「ワシのなんの立場やねん!(笑)」。

イワクラとヒコロヒーの組み合わせがちょっと新鮮だが、家で一緒に飲んだこともあるそう。イワクラがずーっと雑用で動いていたことに驚いたという。そういう性格だからだろう。イワクラは割り込みする人やポイ捨てする人をとことん追い詰めたいという。

また、過去に遡り、小学校時代に天然パーマだったことから「大仏」というあだ名をつけられたことをいまだに夢に見るほど根に持っているそう。「『大仏』ってつけるのは一発目のやつ。はい、おもんない!」と言いたいと。スッキリしたというイワクラは、ヒコロヒーと齊藤京子のやりとりを見ながら、「ヒコロヒーに『アホやもんな』などと言われても屈してないところがすごいいいと思った」と語る。これはまさに。口撃に対してだけでなく、話の流れや定石にお互い「屈しない」ことが齊藤京子に限らずふたりの魅力で、それゆえ、チグハグし、『キョコロヒー』独特の空気が生まれるのだろう。

「キョコロNEWS」ではヒコロヒーが物件の内見に行ったところ、その家に現在住んでいて案内してくれたのが、番組演出の舟橋Dだったという驚異的な偶然の話。舟橋が帽子マスクの彼女がヒコロヒーだと気づいてなかったため、名乗ったら「え、ヒコロヒーさん?」と不動産屋も驚いたという。「『キョコロヒー』の編集をしてたらヒコロヒーが入ってきた(笑)」と舟橋D。世にも珍しい「ご本人登場」パターンだったと。確率的には3360万分の1だと解説されるとヒコロヒー「へえ。『運命ですねえ』などと言えばいい?(笑)」。

ヒコロヒーも用意された“流れ”に屈しない。

日向坂46が表紙&第1特集の『クイック・ジャパン』vol.143
日向坂46が表紙&第1特集の『クイック・ジャパン』vol.143

『いろはに千鳥』

OPは企画の都合上、楽屋から。ノブは「仕かけものか……あっ!」と敏感に察知。「武将様……?」「それはしんどいわ……」とふたりで話す千鳥。復帰したばかりでノブは武将様NGだと笑う。その予感どおり、約1年ぶりに武将様が登場。なにやら忍者と乱闘中。その忍者が「光の輪」に吸い込まれていくという謎の展開。そこに添えられたのは「みんなも今回のテーマは何か? 考えながら見てね!」というテロップ。

そしていつものように千鳥を覚えていない武将様。千鳥を思い出すまでだけで1週分を使う「武将様劇場」がひたすらくだらなくて最高!


この記事の画像(全2枚)



  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2021年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太