オードリー×和牛・水田でW春日のコラボ漫才「水田くんのほうが春日だった」(てれびのスキマ)

てれびのスキマ

テレビっ子のライター“てれびのスキマ“が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。バラエティやドキュメントの中で起こった名場面、名言、貴重な会話の数々を書き留めます。2020年から毎日欠かさず更新中。


『ヒルナンデス!』(水曜日)

水曜メンバー全員集合で箱根旅。

新メンバー井桁弘恵の提案でLINEグループを作るため、若林がメンバーに呼びかけるも一同「……」。この反応に若林がツッコむも「若林さんとは2年ぐらい前から連絡先を交換してるんですけど、1回も連絡来たことない」と水田。そんななか、春日がCM中のメンバーの会話を聞くだけ聞いて話に入らず、盗み聞きしていると若林が暴露し「お前なんじゃないの? 週刊誌の(芸能関係者)って」と言うと、川西「LINEグループも作りにくくなってきた(笑)」。

ちなみに現在に至るまでやはりLINEグループは作られていないそう。

道中、若林のリクエストで、以前やった「春日の打ち上げ花火クイズ」を再び。照明を消した状態で打ち上げ花火の光に合わせて春日がするポージングを当てるというもの。今回はエアロビ版。絶妙な見え具合がくだらなくておもしろい。

さらに、水田が前回は春日のマネをして若林と漫才を行ったが、今回は本物の春日を交えてW春日としてトリオ漫才がしたいという。春日をスーパーマンみたいな人だという水田は「年に1回、春日さんになりたい」と。

若林が先に入ってくるといつものようにゆっくり入ってくるW春日。ふたりはなかなか若林の横に立とうとしなかったり、「へッ!」をしっかりふたりで合わせたり、ひたすら楽しそう。春日は冒頭を「最初ちょっと焦って、見返してもらったらわかるけど、普通にここに着いちゃった。水田くんがずっとウロチョロしてたからヤバいと思って急に」と振り返り、「春日のほうがまじめに春日やっちゃってさ、水田くんのほうが春日だったから(笑)」。

贅沢過ぎるコラボ漫才だった。

『午前0時の森』(火曜版)

先週行った「日本地図を検証してみよう」の中から、京都の人はじゃんけんで「パー」を出すのが好きという統計が本当かを検証。そのロケに行ったのが春日。この日は朝の『スッキリ』でも「山梨の桃中継」のロケをしてCM中に泥だらけになるというボケをしていた春日。そのままズボンや靴が泥で汚れている。

春日が京都の人とじゃんけん。春日は必ずチョキを出し、勝てるかどうかを検証していくのだが、最初の相手は統計どおりパーを出し「すげー!」と若林も盛り上がっていたが、次の相手ですぐに負け、「難しいです、スタジオ」と苦笑い。

そのあとも、チョキを出す人も多く、パーとチョキで拮抗する微妙な結果に「(京都まで)行かなくてもよかったかもしれない」と若林。春日「どういうことだよ!」。

スタジオから春日をイジりまくり、春日は若林の望むとおりの反応をして、若林がキャッキャッと喜んでいる感じが多幸感にあふれていて楽しかった。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2021年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太