400字で綴られた文章からにじみ出る、ザコシショウのポリシー(てれびのスキマ)

ハリウッドザコシショウ

テレビっ子のライター“てれびのスキマ“が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。バラエティやドキュメントの中で起こった名場面、名言、貴重な会話の数々を書き留めます。2020年から毎日欠かさず更新中。


『お願い!ランキング』

文章力豊かな芸人が、愛するものへの思いを己の文才でしたためる「文才芸人」。今回はザコシショウとトム・ブラウンみちおが対決。

「カクヨムWeb小説コンテスト」短編小説部門で「コミックフラッパー奨励賞」の受賞経験があるみちおは、「ゲーム」「十年愛」というお題に、それぞれ「ゾンビ飯」、「お風呂飯」という、みちおらしいちょっと不思議な世界観を描きつつ、文章の構成も巧み。ふたり共、文字数を400字に収めるのが大変だったそうで、ザコシは最初、ルールを無視して600字で提出し「困ります」とスタッフから注意されたという。

ザコシは「ゲーム」のお題には、「ゲームってあれがあれなんだよなぁ」というタイトルで「お! ええやんええやん! /シュシュっといってる? /ション・ベンオです。(爆)」という書き出しから、ゲームの定義を問うような文章を綴り、最後に「何がいいたいかっていうと、/上上下下左右左右BAで/全部つくってことですわ。」とコナミコマンドで締める。文章の専門家が「話し言葉で徹底的に貫き通す意志を感じた」と評すように、終始、いつもの口調のままの口語体。「お! ええやんええやん!」という冒頭の「前口上」をいつもつけるのがこだわりだそうで、文字数をオーバーし削らなければならなくても、ここは絶対取れない「ポリシー」だと言う。締めの文章に専門家から「ファミコンの操作だが、わからない人が多いのでは?」と指摘されると、ザコシ「これをさあ、コナミコマンドでっせ!みたいに書くと、サムいわけですよ!」。

「十年愛」というお題には、『R-1ぐらんぷり2016』で優勝したときにやめればいいと言われたが「でもそれをやめると絶対におもしろくない人間になると思った」とマジメに語る「動画制作」をテーマにして、「十年愛の文章読めて嬉しそうやな」とタイトルの文章を寄せた。「今回のテーマは/「佐山サトル」なんだろ?/え?ちがう?/そんなテーマじゃない?/お前なめてんの?/ねえ?俺の事なめてんの?/俺がテーマ佐山サトルって言ったら/佐山サトルやらねえと……/なめてんのか?/ぶち殺すぞコラ―!って/すんません/本当のテーマは/「十年愛」だって。」とおなじみのシューティング合宿の場面を描写しつつ、最後はマジメに「動画やる10年前と比べたら/いろんなお笑い力が/身についていってよぉ、」などと綴る。

これにやはり専門家から「テーマに入るまでに字数の半分を使っている。とってももったいない」と評され「佐山サトルのくだりは取れない!」とザコシ。「芸人が十年愛を書いてくれと言われたら全部400文字十年愛のことを書いたらサムいわけですよ!」と主張。これを聞いて、400字「十年愛」について書いてしまっていたみちおは顔を曇らせる。それに気づいたザコシはすぐに「お前は別にいいよ、面と向かってサムいって言ってるわけじゃないよ」とフォローする優しさも垣間見せる。みちお「ちょっとショックでした(笑)」。

400字という短い文章の中にもザコシショウの芸人としてのポリシーが詰まっていてとても興味深かった。

『有吉クイズ』

「有吉とメシ」の新作ということで横浜市鶴見区に。ブラジルの豆料理を食べに行くという。家の「観葉植物が全滅」したという有吉は、道中、「道端に生えている草木は誰に所有権があるのか?」と、前回酷評した秋山の「都か区か委託かクイズ」のような疑問を口にする。すると「後日リサーチ」と解説が入る。所有者のない、誰のものでもないという「無主物」という考え方があるそう。

さらに街中で目に入る「LEDではない信号」「イレギュラーの色のサインポール」「斜めに置かれた看板」「壁に描かれた絵」「商店街にかかるBGM」「公衆電話」「門を突き破った木」などに小さな疑問を有吉が口にすると、それらに対しいちいち「後日リサーチ」が入っていく。やたら情報量が多い回。「秋山に情報量負けるわけにはいかないんで」と笑う有吉に秋山「僕の問題のときにめちゃくちゃ言ったのに、変わらないじゃないですか!(笑)」。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太