「“ライブを観た”というよりは“時代を見た”」SKY-HIが『THE FIRST FINAL』初日を終えて感じたこと【『BE:FIRST Gifted Days』レポート#17】



メンバー総出演による「To The First」で初日が閉幕

もうすぐ終わりを迎える初日公演を前に、RANは「まだ気持ちが上の空ですね。でも、本当に最高のステージだなっていうのは感じました。『THE FIRST』を応援してくれて、この番組のこの仲間が好きで集まってくれているんだなっていうのが、目を見ただけでもわかるし、熱気としても伝わってきました。それが自分の原動力になっていると、改めて実感しました」と話した。

TAIKIは「アリーナに立っちゃったから、『14th Syndrome』のとき<アリーナ>を強調して大きい声で言いました。14歳でアリーナに立てるなんて、夢のまた夢の世界の話。この経験を無駄にせず、これからもがんばっていきたいと思うし、『To The First』でしっかりと締められるようにがんばりたいと思います」と、決意を新たにした。

新衣装をまとったBE:FIRSTがパフォーマンスを行い、最後にはメンバー総出演による「To The First」が披露され、『THE FIRST FINAL』初日が閉幕した。

「“ライブを観た”というよりは“時代を見た”とみんなが感じていた」

ステージを終えた面々の表情は、清々しかった。SKY-HIが出演メンバーに向けて「みんなどうでした?」と投げかけると、全員が声をそろえて「楽しかったです!」と答えた。思わず、「小学校みたいになっちゃったよ」とにやけるSKY-HI。そして、つづけて『THE FIRST FINAL』初日を次のように締め括った。

「みんなポジティブなバイブスが出ていたのがすごくよかったし、BE:FIRSTもすごくパフォーマンスがよくて、夢をたくさん見られる一日だったのがすごくうれしいです。ここにいる全員がゴソッと集まる日を今後どれだけ作れるかわからないけど、いろんな組み合わせで、いろんな音楽の遊び方で、いろんな楽しみ方があって、今日来てくれているお客さんも、同じ人が全員集まる日はない。でも、そのうちの何人かが誰かの何かに来てくれたりして、そうやって人生のいいループをつないでいけそうだなって感じがすごくしました。

キャリアはけっこう長いけど、客席から感じたあのポジティブなバイブスは……1位だと思います。あそこまで観ている人からの感謝が、こんなに伝わってくれることはあまりない。たぶん、“ライブを観た”というよりは“時代を見た”とみんな感じていた気がするし、俺もそんな気がした。時代は作ったので、次は伝説を作って、歴史にしましょう!」


最終回となる次回は、ラストステージの裏側を完全公開!

【『BE:FIRST Gifted Days』Huluで独占配信中】
デビューからのBE:FIRSTを追ったドキュメンタリー『BE:FIRST Gifted Days Road to THE FIRST FINAL』は、2021年11月26日(金)からHuluで独占配信中
番組URL:https://www.hulu.jp/the-first-bmsg-audition-2021/

『BE:FIRST Gifted Days Road to THE FIRST FINAL』
『BE:FIRST Gifted Days Road to THE FIRST FINAL』Huluで独占配信中 (c)NTV

【『BE:FIRST TV』Huluで見逃し配信&オリジナル版配信】
2022年4月2日(土)に、日本テレビにて放送がスタートしたBE:FIRST初の冠番組『BE:FIRST TV』。Huluでは番組放送終了後から見逃し配信をスタート。6月4日(土)からは未公開シーンを追加したオリジナル版も配信予定
参考URL:https://news.hulu.jp/befirst-tv/

『BE:FIRST TV』
『BE:FIRST TV』

【連載】『BE:FIRST Gifted Days』レポート

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全102枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ



ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太